×

CATEGORY

 

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  ボルドー»  マロジャリア2010

マロジャリア2010

【マロジャリア】
マルゴー初、いやメドック初のガレージワインとして注目を浴びるマロジャリア。初ヴィンテージは1999年で、全く無名のシャトーにパーカーがいきなり91点を付ける。翌2000年には96点という高得点を付け、マルゴー初のガレージワインとして世界中から一躍注目される。それもそのはず、このワインをプロデュースしているはジャン・リュック・テュヌヴァンと妻ミュリエル・アンドロー。そう、超シンデレラワイン、シャトー・ヴァランドローのオーナーである。
 
 右岸(サンテミリオン、ポムロール、フロンサックなど)ではよく見られる生産量が10,000本未満のガレージワインだが、左岸メドックでは非常に珍しい存在。生産量は少ないうえに話題性が高く、今やマルゴーの有名シャトーに匹敵する知名度となっている。品質に関してもパーカーが「メドックの2級格付けに相当する」と評するほど。
 
 畑は2.5ha。シャトー・モンブリソンとシャトー・デュ・テルトルの中間にある。カベルネ・ソーヴンイヨン70%、メルロー30%。平均樹齢約30年。1本のブドウ樹から8房前後という低収穫。新樽率100%で18か月熟成。濃密な果実のエキスを感じる複雑でモダンなワインに仕上がる。2010年はボルドーの歴史的当たり年であると同時にマロジャリアを代表するグレートヴィンテージとなった。ちなみにマロジャリアとはラテン語でマルゴーの意。
 
★パーカーポイント 95点+
飲み頃:2018~2043
Even better than I thought it would be from barrel, this 15,000-bottle cuvee of equal parts Cabernet Sauvignon and Merlot made by the partner of Jean-Luc Thunevin, Murielle Thunevin, is sensational. Classic Margaux notes of spring flowers, black currant and licorice as well as hints of blueberry pie, lead pencil shavings and camphor jump from the glass of this full-bodied, dense, moderately tannic yet exceptionally well-endowed effort. It is a big wine from Margaux, but it never loses its sense of perspective, finesse and freshness. Give it 5-6 years of cellaring and drink it over the following 20-25 years. (Wine Advocate #205 Feb 2013)
 
★ワインスペクテーター 93
飲み頃:20152030
Allies a dark, roasted espresso aroma to a core of fleshy currant paste, steeped fig and blackberry fruit, all backed by charcoal-coated grip. The long, muscular finish paves the way for some solid cellar time. A powerful, modern style that's hard to deny. Best from 2015 through 2030. (Wine Spectator Issue Mar 31,2013)

 

  • マロジャリア2010

  • 販売価格

    13,200円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

  •  

     
    ▲バックラベルにはマルゴー初のガレージワインと記載されている
     

関連商品