×

CATEGORY

 

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  ボルドー»  シャトー・ギロー2007

シャトー・ギロー2007

【シャトー・ギロー】
ソーテルヌを代表する由緒あるシャトー。80年代初頭に転機が訪れる。1981年カナダからやって来たナービー家が買い取った。1983年に敏腕支配人、グザヴィエ・プランティーを起用し大改革が行われた。厳しい選果を行い、熟した果実のみを収穫。SO2の使用も最小限に抑え、補糖も禁止。今まで資金不足のため樽ではなくタンクで熟成していたのを樽熟成に替えた。伝統に則った古典的なソーテルヌを蘇らせた。ロバート・パーカーも『グザヴィエ・プランティーのおかげで、今このシャトーは絶頂期にある』と評価するほど。またリーズナブルな辛口白ワイン、ジェ・ド・シャトー・ギローも好評である。

【2007年ヴィンテージ】
2007年ヴィンテージに関してシャトー側のコメントは以下の通り。
「夜の涼しさと日中の暖かさの差が、ゆったりとした完璧な貴腐化に成功した。ワインは非常にバランスのとれた味わいで、深みとミネラル感がある。新鮮でエキゾチックな果物のアロマ、桃、アーモンドが複雑に香る。1988年を思い起こさせる出来であるが、厳格な印象は控えめである」
白/ACソーテルヌ/第1級シャトー(ソーテルヌ)

★ワインアドヴォケイト 94
飲み頃:20172035
Tasted as part of a vertical held at the chateau. Like one or two other 2007s, the aromatics on the Guiraud ’07 are rather subdued at the moment and they demand coaxing to offer honey, lemon curd and orange blossom. The palate is well-balanced with finer tannins than the 2006. Here, the quality of the vintage finally shows through with impressive precision and focus, building toward the fresh, feminine apricot and dried peach finish that lingers long in the mouth. This is an outstanding Guiraud, but it will reward those with patience. Drink 2017-2035. Tasted April 2013. (Wine Advocate #207 Jun 2013)
 
 ★ワインスペクテーター 91
飲み頃:2011年以降~
Shows dried orange and apricot, with a lime and honey undertone. Full-bodied, with medium sweetness, a fruity aftertaste of dried lemon and a medium spicy finish. A balanced and refined Guiraud. Best after 2011. (Wine Spectator Issue Mar 31, 2010)


 

  • シャトー・ギロー2007

  • 販売価格

    6,270円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品