×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  ボルドー»  ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン2012

ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン2012

もはや説明不要、ペサック・レオニャンのトップシャトー、オー・ブリオン。5大シャトーの中で赤、白とも格付けされているのはオー・ブリオンのみ。このル・クラレンス・ド・オー・ブリオンはシャトー・オー・ブリオンのセカンドラベル。かつてはシャトー・バアン・オー・ブリオンと呼ばれていた。1935年にオーナーとなったクラレンス・ディロンに敬意を表し、2007年ヴィンテージからル・クラレンス・ド・オー・ブリオンに改名した。
 
 オー・ブリオンと同じ畑のブドウを使用。新樽(20~25%)と前年のオー・ブリオンで使用した樽を使い18~22カ月熟成。オー・ブリオンは10年以降から飲み頃になるのに対して、このセカンドラベルは5年以降から飲み頃になる。
 2012年はメルロー41%、カベルネ・ソーヴィニヨン43%、カベルネ・フラン14%、プティ・ヴェルド2%。春は雨が多く低温の悪天候だったが、7~8月は理想的な天候に恵まれた。結果的に2012年は赤、白共にとても満足できるブドウを収穫できたヴィンテージとなった。
 ボルドーでも指折りの至極のセカンドワイン。 (赤/ACペサック・レオニャン)
 
★ワインスペクテーター 91
飲み頃:2016~2022
This has lots of dark plum, blackberry and boysenberry confiture flavors, lined with subtle black tea, warm ganache and roasted alder notes. Stays refined, with tight-grained tannins supporting the finish. Should have a bit of staying power. Best from 2016 through 2022. (Wine Spectator Issue Mar31, 2015)
 
★パーカーポイント 90
飲み頃:20152035
A wonderfully expansive, velvety textured, rich, full-bodied mouthfeel, are super and very impressive in the 2012 Le Clarence de Haut Brion. This is far higher quality than what most people would consider a second wine, even when coming from a first-growth chateau. Mulberry, spice box and expansive, rich flavors backed up by velvety tannins characterize this medium to full-bodied beautiful wine to drink now and over the next 15-20 years. Bravo. (Wine Advocate #218 Apr 2015)
 

 

  • ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン2012

  • 販売価格

    15,500円(税込)

  • 在庫

    2個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品