×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  シャンパーニュ»  グラン・サンドレ・ブリュット2008(ドラピエ)

グラン・サンドレ・ブリュット2008(ドラピエ)

【ドラピエ】
ピュアな果実味を追求する自然派シャンパーニュ、ドラピエ。創業は1808年でシャンパーニュの南端のオーヴ県ウルヴィル村に居を構える。他の大手とは異なり、現在まで常に家族経営を続けている稀有なメゾン。現当主ミシェルで8代目。所有する畑は53ha。メゾンの転機となったのは1989年。長女の誕生をきっかけに農薬の使用を一切やめ有機栽培に切り替えた。だがその道程は容易ではなかった。化学肥料から堆肥への切り替え、農薬の不使用によって病気、害虫被害が一気に増え、一時は30%も収量は落ち込んだという。しかし、この土地のポテンシャルを信じ、試行錯誤を繰り返した結果、現在では無農薬で活力に満ちた最上のブドウを栽培している。
 
メゾンのあるウルヴィル村周辺はジュラ紀からの石灰石土壌が広がり、ピノ・ノワールには最適な土地。よってドラピエはスタンダードなキュヴェから全てピノ・ノワールが主体となっている。またドサージュの少なさもこのメゾンの特徴。どのキュヴェもドサージュの量が非常に少ない。たとえばブリュットでは15g/Lまで許されているが、スタンダードキュヴェのカルト・ドール・ブリュットのドサージュは6~7g/L。これはブドウの品質に絶対の自信を持っているからだと言う。しかもドサージュに使われるのは25年間樽熟成されたリキュール。長期樽熟成することで全ての旨みが染み込みナチュラルな甘味に変化し、ピノ・ノワールと抜群の相性になるという。また亜硫酸(SO2)の使用量も通常100mg/L程度使われているのに対して35mg/Lまでに抑えている。そんなドラピエの自然派シャンパーニュは故マルセル・ラピエール、フィリップ・パカレ、ジャック・セロスと言った自然派の名匠たちも愛飲している。
 
収穫されたブドウは小分けにし、出来る限り短時間でタンクに運ぶ。圧搾はポンプを使わずブドウの自然の重みでプレスされた1番絞りのみを使用。18度を基本とした完全な温度管理の下、自然酵母でゆっくりと発酵。酸素を遮断するため圧搾機を発酵層の真上に設置したグラヴィティシステムによりSO2無しでも果汁はバクテリアに侵されること無く醸造される。出来上がったワインはナチュラルな果実味を満喫できるピュア一献となる。
 
【グラン・サンドレ】
ドラピエのトップ・キュヴェ。1838年ウルヴィル村の大火で焼灰に覆われた区画、グラン・サンドレのブドウで造られる。ピノ・ノワール55%、シャルドネ45%。当たり年となった2008年は9月15日に収穫。ドサージュは5g/L。84ヵ月熟成。
 畑は丘の中腹に位置し、谷を吹き抜ける風が畑を乾燥させ雹害を受けにくいという。土壌は多くの石を含む粘土石灰質。この土壌で育つシャルドネは非常に繊細でエレガント。一方ピノ・ノワールは強い酒質と骨格を持つワインに仕上がる。この2つをブレンドすることで、繊細さと芯の強い果実味を併せ持つ長熟なシャンパーニュとなる。2008年ヴィンテージは傑出した仕上がりとなった。
白/ACシャンパーニュ/ネゴシアン・マニプラン
 
★ワインスペクテーター 94
飲み頃:20162028 
Very minerally on the nose, with brine and smoke accents leading to flavors of cassis, mandarin orange peel and dried white cherry on the buoyant, creamy mousse. Bright and harmonious, with a rich, lasting finish of toast, chopped hazelnut and spice. Disgorged May 2015. Drink now through 2028. Tasted twice, with consistent notes. (Wine Spectator Issue Dec 15,2016)
 
 

  • グラン・サンドレ・ブリュット2008(ドラピエ)

  • 販売価格

    8,900円(税込)

  • 希望小売価格

    13,824円(税込)

  • 在庫

    9個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品