×

CATEGORY

 

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  シャンパーニュ»  ドゥミ・セック・リッチ(ポル・ロジェ)

ドゥミ・セック・リッチ(ポル・ロジェ)

【ポル・ロジェ】
シャンパーニュを代表する銘メゾン、ポル・ロジェ。1849年に設立され「気品と優美」を哲学とし、格調高いシャンパーニュとして定評がある。このメゾンを語る時、欠かすことのできないのが英国での抜群の人気。その品質は元英国首相、ウィンストン・チャーチルを虜にし、2004年には英国王室御用達に任命された。記憶に新しいところでは2011年4月ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤル・ウェディングで「ホワイト・フォイル」と呼ばれるブリュット・レゼルヴNVマグナム瓶が供された。
 
 木樽を一切使用せずステンレスタンクで発酵させることによって、ブドウ本来の繊細な味わいとピノ・ノワールの力強さを生かした重厚なスタイルに仕上がる。しかし現社長ノワイエル氏(ブルゴーニュのモメサンからヘッドハンティング)が就任した1997年ごろには品質に陰りが見えていた。そこでクリュッグで長年、醸造長をしていたドミニク・プティ氏を醸造責任者に抜擢。それを機に発酵タンクをセメントからステンレスに刷新した。
 
現在全部で188の発酵タンクがあり、畑の区画別に醸造するためタンクは25ヘクトリットルから160ヘクトリットルまでの種類があるという。10年以上かけて醸造設備をリニューアルしたという。また二番搾りのタイユの使用を止め、一番搾りのキュヴェのみを使うようにした。そしてルミュアージュ(動瓶)は今では珍しくなった職人による手作業で、地下に広がるセラーはエペルネで最も深いという。
 
【ドゥミ・セック・リッチ】
品種はピノ・ノワール1/3、シャルドネ1/3、ピノ・ムニエ1/3。醸造は一番絞りの果汁のみを使用。マストを清澄した後、ステンレスタンクにて発酵。その後、エペルネで最も深く温度が低い地下セラーで、手作業よるルミュアージュを行い最低3年間以上熟成しリリースする。
 
ドサージュの規定は、セックは17~35g、ドゥミ・セックは33~50g。このキュヴェは34gでセックとドゥミ・セックの中間というスタイル。美しいイエローゴールドの色調とクリーミーな泡が魅了の一献。生き生きとした酸が甘味を引き締め、リッチでエレガントな果実味を堪能できる。ブリュット・レゼルヴより長熟で2~3年寝かすとさらに深みが増す。今回入荷のロットは2018年7月にデゴルジュマン。
 
★ワインアドヴォケイト 91点+
飲み頃:20242040
Offering up aromas of yellow orchard fruit, honeycomb, warm brioche and fresh pastry, the latest release of Pol Roger's NV Demi Sec Rich is full-bodied, textural and enveloping, with lively acids, good concentration and plenty of incipient complexity. To my palate, the real interest will come after five or six years in the cellar, but this is a very well-made example of its genre. (Wine Advocate #242 May 2019)
 
 

  • ドゥミ・セック・リッチ(ポル・ロジェ)

  • 販売価格

    5,720円(税込)

  • 希望小売価格

    7,700円(税込)

  • 在庫

    11

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品