×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  シャンパーニュ»  コンポジシオン#3・グラン・クリュ(ポール・ローノワ)

コンポジシオン#3・グラン・クリュ(ポール・ローノワ)

【ポール・ローノワ】
ローノワ家は、ル・メニル・シュル・オジェ村に20世紀初頭から続く栽培農家の名家。長らく同村の協同組合に加盟していたが、2010年に家業を継承した4代目ジュリアン・ローノワは独立を決断。醸造設備の導入が完了した2015年、息子の名を冠したレコルタン・マニプラン、ポール・ローノワを設立した。

 グランクリュ・ル・メニル・シュル・オジェに4.8ヘクタールもの畑を所有することが、名家たる所以。先代の1980年から大手メゾンにブドウで売却しているプルミエ・クリュ以下の畑も含め全ての畑でリュット・レゾネ栽培を実践している。

 熟成の時を経て2019年にリリースされた記念碑的デビュー作「モノクローム」は、その完成度の高さから、フランス国内はもとより世界各国のインポーターの注目を集め、瞬く間にアロケーション(割り当て)で完売となった。

「キュヴェ・モノクロームはアイと並んでシャンパーニュの聖地と言われるル・メニル・シュル・オジェのすべての美質を、1本のボトルで表現することを目指した。そのため私がメニルに所有する11の区画の中でも、とりわけテロワールに秀でた3つの区画のシャルドネを厳選して使用。あらゆる料理とのマリアージュを至福にする、豊かなミネラル。上質な酸。ナッツやアーモンドのような香味。これらメニルのブラン・ド・ブランの醍醐味を堪能していただけるよう、ドザージュも1g/lに抑えました」と自負するジュリアン。ル・メニル・シュル・オジェの新たな美酒をお試しあれ。
 
【コンポジシオン#3・グラン・クリュ】
2020年からリリースされた新キュヴェ。ル・メニル・シュル・オジェの6つの区画からのシャルドネ100%で造るブラン・ド・ブラン。合計0.55ha。白亜(石灰)質土壌。平均樹齢25年。今回入荷のロットは2017年産52%(ステンレスタンク発酵、熟成40%、樽発酵、熟成12%。熟成9カ月)、ヴァン・ド・レゼルヴ48%。ティラージュ2018年5月。デゴルジュマン2020年5月。ルミュアージュ(動瓶)は手作業。2年間ビン熟成。ドザージュは5g/l。このキュヴェは、鮮度と成熟度のバランスが良く、絶妙なフルーティーさが特徴。シルクのような口当たりでテロワールの繊細さと美しさを表現している。
白/特級畑/レコルタン・マニプラン

 

  • コンポジシオン#3・グラン・クリュ(ポール・ローノワ)

  • 販売価格

    6,900円(税込)

  • 在庫

    2個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品