×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  ピエモンテ»  バローロ・アレステ2013(ルチアーノ・サンドローネ)

バローロ・アレステ2013(ルチアーノ・サンドローネ)

ワイナリーの設立は1978年と比較的新しいが、イタリアワイン・ファンには説明不要のバローロを代表する名手、ルチアーノ・サンドローネ。看板ワインのバローロ・カンヌビ・ボスキス(2013年よりアレステに改名)は人気漫画【神の雫】の第六の使徒として登場し、話題になった。サンドローネのワインはエレガントで傑出したバランスを持った垂涎の美酒!

【ルチアーノ・サンドローネ】
元々はマルケージ・ディ・バローロなどに勤めていたルチアーノ・サンドローネだが、カンヌビ・ボスキスの畑を購入するチャンスが突然訪れ、1978年に自らのワイナリーを設立した。80年代中頃から専門誌などで高い評価を得るようになり、現在の評価は周知の通り。
サンドローネは畑仕事に力を注ぎ、農薬などの人為的な処理や作業は最小限に抑え、有機肥料による自然農法でブドウの力を最大限に引き出す栽培を心掛けている。造り出される全てのワインは固有の土壌、ミクロクリマ、酵母を持つ個々のテロワール(区画)を見事に表現していると評されている。造られているワインは単一畑のバローロ・カンヌビ・ボスキス、4カ所の畑のブレンドで造るバローロ・レ・ヴィーニェ。そしてロエロ地区の樹齢の高いネッビオーロから造られるネッビオーロ・ダルバ・ヴァルマジオーレ。さらにバルベーラやドルチェットなどどれも傑出したワインを生んでいる。

【2013年ヴィンテージ】
3~4月の平均気温は低めで、ブドウの成長サイクルはゆっくりと進んだ。4~5月には大雨が降ったが、6月には回復し、7月は安定した気候でブドウの状態は非常に良いものであった。開花は通常通り6月中旬に始まり、とても良い結実へと進んだ。このヴィンテージの特筆すべき点は、スタートは難しかったがその後天候に救われたということ。9月~10月は穏やかな天候で、収穫期はここ10年の平均より15日も遅く始まり、11月上旬に最後のネッビオーロを収穫して終了。結果的には非常に満足する収穫となった。

【バローロ・アレステ】
カンヌビ・ボスキスが2013年ヴィンテージからルチアーノの二人の孫(AlessiaとStefano)の頭3文字をとってAleste(アレステ)に変更になった。造りは今までと全く変わらない。

カンヌビ・ボスキスの単一畑で造られるワイナリーの看板ワイン。日本では2001年ヴィンテージが人気漫画【神の雫】で第6の使徒として登場し、ワインファン以外にも知られる存在に。初ヴィンテージは1985年。現在では単一畑のバローロは珍しくないが、その先がけとも言えるのがこのワイン。バローロにクリュという概念をもたらした一本。ルチアーノ・サンドローネがバローロの革新者と評される所以でもある。

ステンレス・タンクで発酵、500リットルのフレンチオークでマロラクティック発酵&24ヶ月熟成。新樽率20%。18カ月以上の瓶熟を経てリリース。2013年は近年を代表する傑出した仕上がりとなった。ワインアドヴォケイトでは2013年のバローロでベスト3に入る評価となった。

【試飲】
このヴィンテージを2017年9月に試飲。当然のことながら、飲むにはまだ早くこのワインの本当の姿を見ることは出来なかったが、サンドローネの真骨頂を感じることが出来た。色調はバローロとしては薄く澄んでいるが、果実のエキスが口中いっぱいに広がり、出汁の利いたお吸い物のよう。優雅でエレガントな果実味に魅了される。蕾のような甘美な果実味は数年後には大輪の花となっているだろう。ブルゴーニュの偉大なグランクリュに匹敵する魅惑の美酒。(2017年9月上旬試飲)

*アントニオ・ガッローニ:2013年までワインアドヴォケイトでイタリア、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、カリフォルニアを担当していた人物。パーカーの後を継ぐ編集長候補であったが、ワインアドヴォケイト社を退社し、2014年自らのサイト(Vinous.com)を立ち上げた。

★ワインアドヴォケイト 97点
★ワインスペクテーター 94点
★アントニオ・ガッローニ(Vinous.com) 95点
★ジェームス・サックリング 97点+
★インターナショナル・ワインリポート 
97
ワイン・エンスージアスト(Wine Enthusiast) 97
★フォルスタッフ(Falstaff) 97
ヴェロネリ 三ツ星

飲み頃
2019~2040年(ワインアドヴォケイト)
2020~2040年(ワインスペクテーター)
2028~2048年(ルチアーノ・サンドローネ)

【ワインアドヴォケイト】

Formerly known as Barolo Cannubi Boschis (the last vintage by that name was 2012), the 2013 Barolo Aleste has been renamed to honor the youngest generation of the Sandrone family, Alessia and Stefano. The wine name Aleste takes the first three letters from each grandchild's name. The move represents the culmination of more than 50 harvests completed by this legendary winemaker and his desire to pass on the torch. His grandchildren are at different points in their respective viticulture and enology university studies. Now under a different name, the wine obviously shows the same delicate floral nuances that you get with this wine (fruit from Cannubi is always harvested first). This is a complete and exciting wine with delicate notes of wild berry and smoke backed by licorice and blue flower. (Wine Advocate #232 Sep 2017)

【ワインスペクテーター】
Well-structured, revealing dark fruit flavors of black cherry and black currant, with accents of iron, tobacco and tar. Has grip and a fresh feel, lingering on the licorice- and mineral-tinged finish. Best from 2020 through 2040. (Wine Spectator Issue Des 31,2017)

 

  • バローロ・アレステ2013(ルチアーノ・サンドローネ)

  • 販売価格

    15,900円(税込)

  • 希望小売価格

    19,440円(税込)

  • 在庫

    7個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     


    ▲Wine Advocate Barolo 2013

     

関連商品