×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

メール会員登録
HOME»  その他のイタリア»  アルト・アディジェ・ゲヴュルツトラミネール・ニュスバウマー2016(トラミン)

アルト・アディジェ・ゲヴュルツトラミネール・ニュスバウマー2016(トラミン)

【トラミン】
イタリア白ワインの傑出した生産地として注目を集めるアルト・アディジェ。イタリアでもっとも北に位置し、洗練された赤ワインと優雅な白ワインで知られる。特に近年は収穫量を減らし、高品質のワインを生んでいる。それを証明するかのように生産ワインの90%はDOCである。無名無実のDOCはなく、輸出用の大量生産ワインもなく、品質のともなった秀逸なワインばかり。もちろんこのDOC比率はイタリアで1位である。そのアルト・アディジェで協同組合ながら、コストパフォーマンス抜群の傑出したワインを生産しているのがトラミンだ。

 トラミンは1898年に設立された協同組合で、イタリアの数多の協同組合の中でも最高峰と評されるほど。現在280もの加盟員がおり、230haの畑を管理している。州都ボルザーノの西北テルメーノ村を拠点にし、畑はその周辺のエーニャ、モンターニャ、オラに位置している。畑の標高は250~700mの間で品種の個性を見事なまでに表現する様々な土壌に恵まれている。カルダーロ湖を望む冷涼な地域で、特に季節間や日夜の著しい気温差が 、透明感のある酸を育み、上質で気品ある味わいを生み出す。1995年よりフランケンで学んだドイツ人醸造家の若きエース、ウィリー・シュトゥルツがセラー・マスターとなる。彼は2004年に『ガンベロロッソ』にて年間最優秀醸造家賞を受賞した。
 過去にワインアドヴォケイトでは「クオリティのレベルは本当にホントに驚くべきもの。いくら褒めても褒め足りないくらい。イタリアの頂点にあり、最も安定したワイナリーの一つだ」と称賛されたほど。

 一段しかぶどうを入れられない収穫カゴを採用するなど細部にこだわり、スタンダード・キュヴェから高級ラインまで高い品質を保っている。特筆すべきはここの看板ワインであるゲヴュルツから造られるニュスバウマー。このワインはイタリア3大ゲヴュルツの1つに挙げられ、ここ10年以上連続でガンベロロッソで3グラス(トレビッキエリ)を獲得している。コストパフォーマンスを考えればイタリア最高峰のゲヴュルツと言っても過言でない。
 アルト・アディジェの冷涼気候で育まれた綺麗な酸とミネラルたっぷりのブドウから生まれるワインは、品種の個性がくっきりと表現されているお値打ちの逸品!

ブドウ品種のGewurztraminer(ゲヴュルツトラミネール)には「tramin(トラミン)」というスペルが入っている。ワイナリーが位置する、アルト・アディジェのトラミン村の名前から取ったと言われている。そう、この地はゲヴュルツトラミネールの原産地なのである。

【ニュスバウマー】
辛口ゲヴュルツの最高峰と言って過言でない銘酒、ニュスバウマー。個人的には初めてニュスバウマーを飲んだ後、ゲヴュルツの対する価値観が変わってしまったほど素晴らしかった。ヌスバウマーは畑名で標高350~550mの南東の急斜面に位置する石灰粘土質土壌の畑。冷涼地でゆっくり時間をかけて熟したゲヴュルツトラミネール100%で造られる。ステンレスタンクで発酵、熟成後される。ホワイトオールドローズ、ライラック、マスカット、ベルガモット、ハチミツ、オレンジピールなど万華鏡のように様々なキャラクターが現れる。そして印象的なライチの上品な香り。口中に含むと滑らかな酸とリッチな果実味とミネラルが究極のバランスで広がっていく。ゲヴュルツの魅力を最大限引き出し、至福の長い余韻に魅了される。まさに非の打ちどころのない辛口ゲヴィルツの傑作!ちなみにニュスバウマーとは、「ナッツの木」という意味。

カンベロロッソで毎年のように3グラス(トレビッキエリ)を獲得しており、2015年まで17年連続で3グラス(トレビッキエリ)を獲得。おそらくこの2016年も3グラス(トレビッキエリ)を獲得するであろう。2016年はワインアドヴォケイト、ワインスペクテーターではまだ未評価(2018年4月中旬時点)なので近年の評価を参考に記す。

★ガンベロロッソ 最高賞3グラス 17年連続受賞
★ワインアドヴォケイト 93点

飲み頃:2018~2023年

Closed with a glass cork, the 2016 Alto Adige Gewürztraminer Nussbaumer is floral and fragrant with abundant layers of white rose, honeysuckle and orange blossom. If you love this variety, you are going to appreciate the clean lines and snappy style evidenced by this wine from the far north of Italy. Spicy notes of nutmeg and clove appear as distant accents on the close. The 15% alcohol fuels a long finish. The Tramin subzone of the appellation is home to some of the best Gewürztraminer in Alto Adige. Some 70,000 bottles were made.(Wine Advocate #238 Sep 2018)

 

  • アルト・アディジェ・ゲヴュルツトラミネール・ニュスバウマー2016(トラミン)

  • 販売価格

    4,450円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

  •  

     

関連商品