×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  その他の国»  シャルドネ・バノックバーン2016(フェルトン・ロード)

シャルドネ・バノックバーン2016(フェルトン・ロード)

ニュージーランド最高峰のピノ・ノワールの造り手、フェルトン・ロード。初リリースとなった1997年のピノ・ノワールがロバート・パーカーから称賛されたちまち注目の存在に。その後、ワインスペクテーター、デキャンターなどからニュージーランドのトップワイナリーと評される。ピノ・ノワールはもちろんだが、シャルドネ、リースリングで造られる白ワインも白眉な仕上がりである。ニュージーランドで5本の指に入る新進気鋭ワイナリー。
 
【フェルトン・ロード】
フェルトン・ロードは1991年にステュワート・エルムズがセントラル・オタゴのバノックバーン地区にエルムズ・ヴィンヤードを興したことから始まった。1996年、ブルゴーニュのラルロ、ナパのルナ、オレゴンのソコール・ブロッサーなどで研鑽を積んだ若き天才醸造家、ブレア・ウォルターが参画。初リリースとなった1997年のピノ・ノワールで衝撃的デビューを飾る。
 
1999年ワインアドヴォケイト(4月23日号)でロバート・パーカーはフェルトン・ロードのピノ・ノワール・バノックバーン1997をテイスティングしてこう称賛した。
非常に複雑で豊潤な香り。美しく広大なピノ・ノワールで、ブルゴーニュの一流の赤ワインのようだ。ブルゴーニュ・グラン・クリュのブラインド・テイスティングで十分に替え玉として通用する。フェルトン・ロードがこれだけ高品質のピノ・ノワールを生産できるのなら、ニュージーランドの他のワイナリーも同様のピノ・ノワールを造るのは時間の問題であろう」
この時パーカーはピノ・ノワール・バノックバーン1997に91点。ピノ・ノワール・ブロック3 1997に92点を付けた。
 
 ちなみ「パーカーズ・ワイン・バイヤーズガイド(第7版)」でニュージーランドの5つ星生産者はフェルトン・ロード、アタ・ランギ、リッポン・ヴィンヤード、ペガサス・ベイ(白のみ)、テ・マタ・エステート(最上キュヴェのコールレーン)の5社だけである。
 
 2000年、フェルトン・ロードの愛飲者だった英国のナイジェル・グリーニング(現フェルトン・ロード・オーナー)がエルムズからワイナリーを購入し、醸造家ブレア・ウォルター、栽培責任者ギャレス・キングらとともに新たなスタートを切った。新生フェルトン・ロードの評価は止まることを知らずワインスペクテーター、デキャンターなどの専門誌からニュージーランド最上のピノ・ノワールと称賛される。またシャルドネ、リースリングで造られる白ワインもニュージーランドのトップワインと評されている。近年フェルトン・ロードに関する専門誌の高評価は枚挙にいとまがない。
 
【フェルトン・ロードの畑】
ワイナリーの位置するセントラル・オタゴのバノックバーンは南緯45度の世界最南端のワイン産地。夏は日中暑く、夜は涼しい昼夜の寒暖差が大きい場所。秋は乾燥し、降雨量は少ない。ブルゴーニュと同じ大陸性気候である。またバノックバーン地区はオタゴの中でも栽培シーズン中、もっとも気温が上昇し、他の地区よりブドウの熟度が高いことで知られる。現在フェルトン・ロードは4つの畑からワインを産んでいる。
 
エルムズ(14.4ha):ワイナリーに隣接している最重要畑。栽培されている半分はピノ・ノワールで、残りの半分がシャルドネとリースリング。畑は微細に13ブロックに分けられている。その中でもブロック3とブロック5は最上のピノ・ノワールの区画で、「ブロック3」「ブロック5」という単一区画のキュヴェが造られている。ブルゴーニュで言えばモノポールのグランクリュと言ったところか。生産量は少なく入手困難なキュヴェとして知られる。
 
コーニッシュ・ポイント(7.6ha):クルタ川とカワラウ川が交差する川辺の突端にある畑。湖に近いことから霜害が少ない。この畑も25ブロックに微細に分けられている。ほとんどがピノ・ノワールでシャルドネも少量栽培されている。コーニッシュ・ポイント単一のピノ・ノワールのキュヴェが造られている。
 
カルヴァート(4.6ha)オーウェン・カルヴァートが興した畑で、エルムズから1キロ東に位置する。ほとんどがピノ・ノワールで少量シャルドネとリースリングが栽培されている。カルヴァート単一のピノ・ノワールのキュヴェが造られている。
 
マクミュアー(5.1ha):エルムズ・ヴィンヤードの東1キロに位置し、元々カルヴァートの⼀部で、2001年からフェルトン・ロードが栽培管理を行っている。2010年にフェルトン・ロードがカルヴァートから5.1haを購入した。近い将来、単一畑としてワインをリリースする予定。
 
畑は全てビオディナミで栽培され、自然酵母による発酵。また醸造所は果汁やワインに過度なストレスをかけないように重力を利用した設計になっている。合理性を追求しながら人的介入を最小限に抑えている。
 
20年足らずでニュージーランドの枠に留まらず世界的に注目されるワイナリーになったフェルトン・ロード。ブルゴーニュファンはぜひとも珠玉の一献をお試しあれ。
 
【シャルドネ・バノックバーン】
エルムズ・ヴィヤードとコーニッシュ・ポイントのブドウを使用。2016年シャルドネの収穫は3月22日始まり4月3日に終了した。ブドウは全房圧搾後、フリーラン果汁を重力で地下の樽へ移し、自然酵母で発酵。発酵中、定期的にオリの撹拌を行う。新樽は使用せず旧樽で12カ月間熟成後ビン詰めされる。透明感がありミネラル、酸、果実味がバランスよく広がる逸品。白/ニュージーランド
 
★ワインアドヴォケイト 92
飲み頃:2018~2025
Delicate notes of pencil shavings and lemon curd mark the nose of the 2016 Chardonnay. It's a plump, medium-bodied wine with flavors that incorporate hints of stone fruit but ultimately lean toward the grapefruit and lemon side of things without being sharp. Those citrus notes are cushioned by tea-like complexity of mouthfeel, extending through the silky finish. (Wine Advocate #235 Mar 2018)
 
 

  • シャルドネ・バノックバーン2016(フェルトン・ロード)

  • 販売価格

    5,980円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     


    ▲フェルトン・ロードの畑
     




  •  

関連商品