×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  その他の国»  ドン・ペーエキス・コンベント・セレシオン1946(トロ・アルバラ)【木箱入】

ドン・ペーエキス・コンベント・セレシオン1946(トロ・アルバラ)【木箱入】

第二次世界大戦終戦の翌年に造られたドン・ペーエキス・コベント・セレシオン1946。「スペインの至宝」と称されるこのワインは60年以上も熟成されビン詰めされた。生産本数は僅か825本。ワインアドヴォケイトで100点を獲得した至高の逸品。
 
【トロ・アルバラ】
トロ・アルバラは1922年にスペイン南部アンダルシア州に設立されたワイナリー。DOモンティーリャ・モリレスを代表する存在。栽培しているブドウの9割以上が高貴品種のペドロ・ヒメネスで、辛口から甘口まで造られている。大陸性のとても暑く乾いた気候で、日照量は年間約3000時間。畑はアルバリサと呼ばれる石灰質土壌で、約3400万年前の内海だった頃の堆積物で構成されている。炭酸カルシウムや珪土が多量に含まれ、ブドウにミネラルを与えると同時に、保湿性が高いため、冬場にしか降らない雨を土壌に蓄えることで夏場の乾燥した時期でもブドウに水分を供給することができる。この圧倒的な太陽の力、そして乾燥と保水のバランスでペドロ・ヒメネスは病害に合わずに完熟する。
 
そんな最高品質のペドロ・ヒメネスを使って造られる至高の逸品が「ドン・ペーエキス・コベント・セレシオン」。ワイナリーのフラグシップであると同時に「スペインの至宝」と称される逸品である。
 
ドン・ペーエキス・コベント・セレシオンは糖度の高い状態で収穫されたペドロ・ヒメネスを麦わらの上に並べて約2週間太陽の下で干す。糖度は上昇し干しブドウ状態になったものを圧搾。約4キロのブドウから1リットルの果汁しか得られないという。発酵が始まるとペドロ・ヒメネスで造ったスピリッツで酒精強化を段階的に施し、糖分をワインの中に閉じ込めていく。その後長い樽熟成を経てビン詰めされリリースされる。これらのワインの生産量は極少量で1930年代に造られたものも、樽の状態で最高のコンディションで保存されているという。製法はシェリー(ペドロ・ヒメネス)と似ているが、一つ大きく違うのはソレラシステムではなく、単一年号(ヴィンテージ)で造られること。
 
【ドン・ペーエキス・コンベント・セレシオン1946
第二次世界大戦下を生き延び、終戦の翌年、1946年に造られた歴史的一献。60年以上熟成され2011年11月にビン詰めされた。生産本数は僅か825本。ドン・ペーエキス・コンベント・セレシオンの「コンベント・セレシオン」とは、シトー会の修道士(Convento=修道会)たちに因んで名付けられた。全ての生産過程は手作業で行われ、ワインのラベルは職人チームによるハンドメイド。全ボトルにシリアルナンバーが手書きされ、現当主アントニオ・サンチェスのサインが入っている。特製の木箱には試飲のための試験管のような小瓶が付いている(写真参照)。漆黒の雫はまさにスペインの至宝と称される至高の一献。
 
この歴史的ワインはワインアドヴォケイトで100点を獲得。ワインアドヴォケイト評を要約すると以下の通り。

「私がこのワインを表現するなら「ウルトラ・メガ・スーパー・コンセントレーション(超全集中凝縮)」という言葉。甘いシナモン、クリスマスケーキ、樟脳、ガソリン、レモングラス、ベルギーチョコレート、バターなどの旨味が凝縮されている。信じられないほど複雑でリッチ、甘くてバランスのとれた滑らかな味わいで、非常に甘く、どこか塩気があり、時間とともにブラックオリーブの香りがしてくる。このワインは私たちより長生きするだろう。何世代にもわたって保存され、極少量しか存在しないが、これほど古いものをまだ買って飲むことができるのは驚くべきことで、このワインの価値を考えればお買い得と言っていいだろう。もしあなたが幸運にも入手することができたのなら2013年から2060年の間に飲むことをお薦めする」
*スペイン/DOモンティーリャ・モリレス
 
ワインアドヴォケイト 100
飲み頃:20132060
The 1946 Don PX Convento Seleccion produced with Pedro Ximenez grapes dehydrated under the sun at the time of the Second World War, was only bottled in September 2011. This is an extreme wine, my first descriptor was ultra-mega-super concentrated. It is unbelievably powerful, both in the nose and the palate, full of umami, with sweet cinnamon, Christmas cake, camphor, petrol, lemongrass, Belgian chocolate and butter. Incredibly complex and rich, sweet, balanced and smooth in the palate, it is both very sweet and somehow salty, and with time it develops a black olive note. It combines the texture of the 1962 and the elegance of the 1949. It is as decadent as it gets. 825 bottles were produced. This wine will survive all of us. These wines are kept for generations and offered in very small quantities, but it’s amazing that you can still buy and drink something so old, and I’m even tempted to say that it might represent good value for what it is. A real tour de force sweet wine. Drink it if you ever have the privilege to do so from 2013~2060. (Wine Advocate #208 Aug 2013)

 

  • ドン・ペーエキス・コンベント・セレシオン1946(トロ・アルバラ)【木箱入】

  • 販売価格

    37,800円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン
  •  

     

     

関連商品