×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  クロ・ヴージョ・ル・グラン・モーペルテュイ2016(ミシェル・グロ)

クロ・ヴージョ・ル・グラン・モーペルテュイ2016(ミシェル・グロ)

【ミシェル・グロ】
ヴォーヌ・ロマネを拠点にし、ブルゴーニュを代表する造り手、グロ家。現在グロと名の付くドメーヌは4つあるが、そのグロ家の本家がこのミシェル・グロ。1995年に先代ジャン・グロが引退し、ミシェルがドメーヌを引き継いでから、さらなる飛躍を遂げている。ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ組合の理事長を務めていたほど。ワインはブドウの力を最大限引き出すために比較的高温で発酵させ、エレガントで豊潤な果実味をバランスよく引き出している。このドメーヌのワインはヴォーヌ・ロマネの魅力が詰まったお値打ちの逸品ばかり。

【ミシェル・グロの2016年ヴィンテージに関して】
2016年は4月27日に春の霜でコート・ドールの半分以上の畑が被害に遭った。私たちのドメーヌは全体で30%の損失だった。霜の被害は畑ごとに違い、ヴォーヌ・ロマネとフォンテーヌ・サンマルタン(オート・コート)はほとんど被害がなかった。クロ・ヴージョ、ニュイ・サン・ジョルジュ、シャンボール・ミュジニーでは半分が損失した。8ヘクタールのオート・コートの畑では75%が損失した。
 
 5月は雨が多く気温が低かったので厳しい状態が続いた。6月も好転する気配がなかったが、7月になり天候に恵まれ、収穫まで好天がずっと続いた。春の霜の影響でブドウの収穫期は非常に遅くなり、私たちの畑は9月28日に始まり10月9日に全て終了した。
 
 2016年は9月がこのヴィンテージの品質を決定づけたと言っていいだろう。09月は例年より2.5度高く、日照が豊富で夏のような気候が続いた。それによりブドウは健全に育ち理想的に熟していった。結果2016年は色が深く、素晴らしいバランスを持つ芳香なワインとなった。品質に霜のダメージは見られず、逆に春に収量が減った分、生き残ったブドウは力強く、凝縮した果実を実らせた。

【クロ・ヴージョ・グラン・モーペルテュイ】
相続の関係でリシュブールを失ってしまった今、ドメーヌ唯一のグラン・クリュがこのクロ・ヴージョ。現在グロ家のクロ・ヴージョはグロF&S、アンヌ・グロ、ミシェル・グロと3分割されている。グラン・モーペルテュイはクロ・ヴージョの上面にある最上の区画。アンヌ・グロとは地続きである。この区画からできるワインの特徴は、タンニンがとてもしなやかで酸が比較的弱いこと。しっかりとした凝縮感ある果実味は比較的若いうちから楽しむことができ、10~15年以上の長期熟成も可能という稀有な一献。クロ・ド・レアに匹敵するドメーヌの看板ワイン。

 

  • クロ・ヴージョ・ル・グラン・モーペルテュイ2016(ミシェル・グロ)

  • 販売価格

    20,900円(税込)

  • 在庫

    2個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品