×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  クロ・ド・ヴージョ2014(フレデリック・マニャン)

クロ・ド・ヴージョ2014(フレデリック・マニャン)

ブドウは全て自分たちで栽培する次世代のネゴシアン、フレデリック・マニャン。自分で畑を捜し契約し、栽培は全て自分のチームで行う。現在栽培をビオディナミに転換している。ブルゴーニュの多様なテロワールを引き出すためにヴィラージュクラスでも最低40年の古樹を使用。限りなくドメーヌに近いネゴシアン。
 
【フレデリック・マニャン】
ボーヌの醸造学校を卒業後、フランスのみならず、米国のカレラなど世界各国でワイン造りを学び、1995年に自分の理想のワインを造るため、自らの名前を冠したネゴシアンを設立したフレデリック・マニャン。従来のネゴシアンとは異なり、ブドウ栽培も行う新世代ネゴシアンの先駆者である。ネゴシアン設立時にはDRC、ルロワ、コント・ラフォンなど超一流ドメーヌのみが使用している樽、フランソワフレール社と取引した。普通、フランソワフレール社が無名の一人の若者と取引することなど奇跡としか言いようがない。フレデリック・マニャンは社長にこう言ったそうだ。「あなたのところの樽を俺がもっと有名にしてやる」と。そのビッグマウスぶりも数年後の彼の活躍を見ればあながち嘘ではなかった。2000年初頭に一気にブレイクし、限りなくドメーヌに近いネゴシアンとして高評価され、ブルゴーニュの若きスターとして注目されたのは周知のことである。
 
今でも彼はマウンテンバイクで朝から各畑を回っている。畑選びで彼が最重要視するのがブドウの樹齢だ。40年以上の古樹のみを厳選する。テロワールを最大限引き出すには樹齢が高く、根のしっかりと張った樹を選ばなければならない。栽培のスタイルもできる限り【コルドン】を選ぶ。これは同じ垣根造りの【グイヨ】に比べて【コルドン】は収量が低く品質に差が出るからだ。細かに観察し、目を付けた畑には直接交渉を持ちかけ、所有者がバルクワインとして販売する金額を上回る代金で契約する。ネゴシアンであることのメリットを最大限に生かし、ワイン造りを行っている。
 
 ブレイクした2000年初頭のフレデリック・マニャンのワインは、樽香が強く濃密でパワフルなワインだった。だが数年前から彼のワインスタイルが徐々に変わっていった。繊細でエレガントなワインに変化していったのだ。それはテロワールの特性を十分に引き出そうした結果であった。
 フレデリック・マニャンのワインに変化をもたらしたのは、醸造長としてジャック・デュヴォージュ(その後ラルロの醸造長の経て、2015年にクロ・ド・タールにヘッド・ハンティングされた若き凄腕醸造家)が加入したことも大きかったのは想像に難くない。現在はルロワにビオディナミを導入した栽培責任者を迎え入れ、畑のさらなる改善も進めている。ルロワの大ファンであるフレデリックは更なる極みを追求している。
 
【クロ・ド・ヴージョ】
畑はミュジニーのラ・コンブ・ドルヴォーの区画と同じ、粘土質が豊富な石灰岩土壌。クロ・ヴージョの中でも指折りの優良区画という。
 
 

  • クロ・ド・ヴージョ2014(フレデリック・マニャン)

  • 販売価格

    17,600円(税込)

  • 希望小売価格

    26,400円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン
  •  

     

関連商品