×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・クロ・デュ・シャンポー2017(ラルロ)

コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・クロ・デュ・シャンポー2017(ラルロ)

【ラルロ】
ドメーヌ・ドゥ・ラルロは1987年に、大手保険会社アクサ・ミレジムがネゴシアンのジュール・ブランが所有していた畑を買い取り設立したドメーヌ。ドメーヌ・デュジャックのジャック・セイスのもとで働いていた、ジャン・ピエール・ド・スメを醸造責任者としてスタートした。創業時から積極的にビオディナミを取り入れた耕作を行い、2003年のヴィンテージから全ての畑がビオディナミに転換した。ブドウは収穫時と収穫後に徹底して選別され、一部除梗はせず、醗酵は天然酵母で30~32度を超えないように3週間以上にもわたって行われる。ピジャージュは足で1日に3回、ワインを醗酵槽から樽に移す時には重力が利用され、ワインへの負担を最小限に心掛けている。軽く澱引きが行われ、樽熟成の後、無濾過で瓶詰めされる。

出来あがったワインは美しく澄んでいる。色調は薄いが口に含むと果実のエキスが口中いっぱいに開花する。いったいどこにこんなに旨みが詰まっているのかと驚くほど。それはまるで出汁がきいているお吸い物のような美酒。

ジャン・ピエール・ド・スメは2006年末で引退し、その後スメの右腕だったオリヴィエ・ルリッシュが栽培・醸造最高責任者となる。しかし2011年8月、自らのドメーヌ設立のためオリヴィエ・ルリッシュは辞任し、代わりにミシェル・マニャンなどで醸造長を務めたジャック・ドゥヴォージュが就任する。だがジャック・ドゥヴォージュはクロ・ド・タールの醸造長にヘッドハンティングされ、2014年末でラルロを退社。2015年からアレックス・ガンバルで醸造長だったジュラルディング・ゴト女史が就任した。

【ラルロの2017年ヴィンテージ】
醸造責任者であるジェラルディング・ゴドはブドウについてこうコメントした。「2017年は私たち生産者に笑顔をもたらした年。2016年の少ない生産量の後、私たちに最も必要していたものを与えてくれた。それは健康的で品質が高く、豊富な収穫であった」
そして醸造後、「2017 年は本当に驚くべきヴィンテージ。ワインの品質は、私が想像していたよりも遥かに優れていることがわかった」と自負する秀逸な仕上がりとなった。
 
【コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・クロ・デュ・シャポー】
ドメーヌの中で最もコストパフォーマンスが高い1本。ドメーヌのスタイル知る入門編としても最適。畑はニュイ・サン・ジョルジュ近隣の村、コンブランシアンのシャンポーの区画。所有面積1.55ha。平均樹齢25年のブドウを使用。2017年は14%全房発酵。新樽率30%で14~16カ月熟成。このクラスとしては、驚くほどの果実の凝縮感を感じる。村名クラスとしても文句のつけようのないクオリティー。お値打ちの1本。
 
★ヴィノス(ニール・マーティン)88
飲み頃:20202026 
 
*ヴィノス(Vinous.com):ワインドアドヴォケイトの次期編集長候補だったアントニオ・ガッローニがワインアドヴォケイトを退社し、2014年に立ち上げたワインサイト。今回レヴューアーのニール・マーティンは2006~2017年までワインアドヴォケイトでブルゴーニュを担当。2016年ヴィンテージまでワインアドヴォケイトのブルゴーニュは彼が採点していた。ワインアドヴォケイトを退社し、2018年よりヴィノスの副編集長。

★ワインアドヴォケイト 87点
飲み頃:2019~2026年

The 2017 Côte de Nuits-Villages Clos du Chapeau opens in the glass with a delicate bouquet of red berries, herbs and spices. On the palate, it's medium-bodied, delicately fleshy and succulent, with melting tannins and moderate concentration. It should drink well on release.(Wine Advocate Issue 10th Jan 2020)

 
 

  • コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・クロ・デュ・シャンポー2017(ラルロ)

  • 販売価格

    7,100円(税込)

  • 在庫

    2個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品