×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム2017(グロ・フレール・エ・スール)

ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム2017(グロ・フレール・エ・スール)

【グロF&S】
日本のブルゴーニュファンにはもはや説明不要の人気ドメーヌ、グロ・フレール・エ・スール。ヴォーヌ・ロマネ村を代表する造り手、グロ家。名手ジャン・グロの次男、ベルナール・グロが子供のいなかった叔父夫婦の養子となり、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スールを1980年より引き継いだ。安定した品質でグロファミリーの中でも繊細でありながら一番しっかりとした味わいのワインを造ることで定評があります。兄のミシェル・グロより力強い味わいに仕上がっている。

2016年ヴィンテージよりベルナール・グロは一線を退き、息子のヴァンサン・グロが醸造を担当。ベルナールは必要最小限のSO2を使用し、除梗を行っていたが、2016年からヴァンサンはSO2無添加、一部の全房発酵を行っている。SO2無添加や全房発酵の比率などはヴィンテージによって異なる。ヴァンサンはテロワールを最大限に表現するために臨機応変に対処するという。ラベルもリニューアルし、さらなる深化を深めるグロF&Sである。

【ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム】
このレ・ショームは2000年代になってからベルナールが新たに畑を購入し造り始めたワイン(2002年が初ヴィンテージだった気がするが・・・)。畑はラ・ターシュとクロ・デ・レアの間に位置する。生産量は3樽(約800本)しか造られてない。ベルナール自身が自ら選んで造り始めただけに思い入れがあるキュヴェ。新樽率100%で12カ月熟成。
 
このキュヴェはポテンシャルが高く長熟である。個人的な経験で言うと2015年にこのレ・ショームの20002年を飲んだが、美しい熟成感でバランスよく十分に楽しめた。ワインにはまだ活気が感じられ、熟成のピークには達してはいなかった。あと4~5年の熟成も期待できるだろうと思ったほどだった。

 

  • ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム2017(グロ・フレール・エ・スール)

  • 販売価格

    17,980円(税込)

  • 在庫

    5個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

      

関連商品