×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  ブルゴーニュ・ルージュ2014(メゾン・ド・モンティーユ)

ブルゴーニュ・ルージュ2014(メゾン・ド・モンティーユ)

【ド・モンティーユ】
ワインのドキュメンタリー映画「モンドヴィーノ」(2005年)で登場し話題となったヴォルネーの名ドメーヌ、モンティーユ。ワイン造りの歴史は1920年代から始まる。先代のユベール・モンティーユはディジョンでの弁護士が本業だった。よって1947年にドメーヌを相続した時、ブドウ畑の面積はわずか3haしかなかった。その後、息子のエティエンヌとともにブドウ畑を拡張し、1990年代には7haを超えるまでに広がった。
 
エティエンヌもパリで会計士として働いていたが、2001年にブルゴーニュに戻り、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェの経営に就くと同時に、ドメーヌ・ド・モンティーユの当主となった。エティエンヌ自身は1983年からドメーヌのワイン造りに関与しており、1995年には実質的にドメーヌの主導権を握り、ブドウ栽培をビオロジックへと転換。父から子への継承は着々と進んでいた。
 
エティエンヌがフルタイムで経営にあたるようになってからドメーヌは版図拡大し一気に飛躍していく。1993年にはすでに、ピュリニー・モンラッシェ1級畑カイユレをジャン・シャルトロンから買い取っていたが、2004年にボーヌ1級畑エーグロ(白)、特級コルトン・クロ・デュ・ロワ、コルトン・シャルルマーニュを入手。
 
2005年にドメーヌ・デュジャックと共同でトマ・モワイヤールを買収し、コート・ド・ニュイにも進出。この時にヴォーヌ・ロマネ1級畑マルコンソール、ニュイ・サン・ジョルジュ1級畑オー・トレイ、特級畑クロ・ド・ヴージョを取得した。
 
さらに2012年、エティエンヌが経営を任されていたシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェをオーナーの金融機関から買い取った。ただし、シャトーが所有していた特級畑のモンラッシェとバタール・モンラッシェは、この買収に協力したシャトー・ラトゥールのフランソワ・ピノーに譲ることになった。よって2017年からは、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェとして生産されていたワインは、全てドメーヌ・ド・モンティーユとなった。買いブドウから造るネゴスワイン、メゾン・ド・モンティーユのリリースも開始した。また記憶に新しいところでは2019年から北海道でのワイン造りも本格的にスタートし、自社畑での初ヴィンテージは2023年で2025年にリリースを予定している。
 
ユベール・モンティーユ時代から長熟で知られたワインだったが、その反面飲み頃になるまでに時間がかかると言われていた。エティエンヌに世代交代してから若いうちから香り高く、そしてタンニンもしなやかなものとなり、かつ長期熟成にも十分耐え得るポテンシャルの高いワインへと変化していった。全房を用いた醸造など、基本的にはユベール時代の様式を継承しながらも、より完熟したブドウを摘み取り、抽出の仕方や発酵温度の管理をより綿密に行うことで、現在のスタイルを築いたのであった。ヴォルネーの知る人ぞ知る名ドメーヌから、今やブルゴーニュを代表する指折りの名ドメーヌとなった。
 
【ブルゴーニュ・ルージュ】
これは買いブドウから造られるネゴスワイン。醸造はドメーヌ物とほぼ同じ。パワフルな果実味よりバランス重視のエレガントなワイン。クラシックなブルゴーニュのタイプに忠実で長熟のポテンシャルを備えながらもより開きやすく、シルキーでとろりとした質感。使われるドメーヌの要望に適うものしか選ばれない。収量が抑えられて、慎重に剪定、耕作された畑。いくつかの畑は現在ビオに移行中である。お値打ちの1本。

 

  • ブルゴーニュ・ルージュ2014(メゾン・ド・モンティーユ)

  • 販売価格

    3,800円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品