×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  コルトン・クロ・デュ・ロワ2019(アントナン・ギヨン)

コルトン・クロ・デュ・ロワ2019(アントナン・ギヨン)

【アントナン・ギヨン】
アントナン・ギヨンはサヴィニー・レ・ボーヌを拠点とし、48ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌ。以下が簡単な概要。
 
1960年代に先代のアントナン・ギヨンがジュヴレ・シャンベルタンからムルソーにかけて秀逸な畑を手に入れた。70年代になると、その息子で現当主のドミニクがオート・コート・ド・ニュイに点在する350もの区画を80軒の農家から買い集めた。現在ACブルゴーニュとオート・コート・ド・ニュイのワインはドメーヌ・ドミニク・ギヨン、それ以外のアペラシオンはドメーヌ・アントナン・ギヨンがラベル名となっている。
 
2015年から広大な畑をビオロジック栽培に移行し、2018年にエコセールの認証を取得。ワインの醸造はいたってトラディショナル。畑と醸造所で2回にわたって選果をし、完全除梗のうえ、発酵前に10度の低温浸漬、ピジャージュ、ルモンタージュ、デレスタージュによって抽出を行う。発酵容器は古式ゆかしき木製の開放槽。熟成用の樽はフランソワ・フレールとダミーを中心とし、新樽の比率は平均25パーセント。赤は18カ月間の熟成。白は全房で圧搾後、小樽発酵。週に1回のバトナージュを行い、コルトン・シャルルマーニュの18カ月は例外として、他のアペラシオンはだいたい12カ月の樽熟成。
 
白はコルトン・シャルルマーニュ。赤はコルトン・クロ・デュ・ロワ、コルトン・ブレッサンド、シャルム・シャンベルタンといったグラン・クリュ所有している。ワインはてエレガントで料理と寄り添う、伝統的なスタイルを貫いている。
 
以上が簡単な概要。大ドメーヌで珠玉の畑を多数所有しているにもかかわらず、日本では過小評価されている印象のアントナン・ギヨン。個人的には過去に何回か試飲したことがある。クラシックなスタイルで味は悪くないんだが、新世代のモダンなブルゴーニュワインと比較すると少し地味な気がして触手を伸ばすことがなかった。だが高騰するブルゴーニュにおいて今回価格がすごく良心的で驚いた。しかも超当たり年の2019年。これは掘り出し物かもしれないと。
 
で、調べたらワインアドヴォケイトが20年振りにアントナン・ギヨンを取り上げ、2019年を19アイテムも試飲していた。ワインアドヴォケイト評を抜粋すると以下の通り。
「年間約20万本の生産量を誇り、グランドアペラシオンに恵まれた48ヘクタールのこの大ドメーヌの注目度が低いのは不思議だ。(2019年は)鮮やかで魅力的なテクスチャーの白ワイン、滑らかでしなやかなタンニンに支えられた赤ワイン。新樽は控えめに使用するなど、エレガントでクラシックなスタイル。その結果、非常にチャーミングなブルゴーニュができあがった。飲み頃の幅が広く、読者の皆さんにはぜひとも注目していただきたいドメーヌだ」(2021年10月1日号)
 
食中酒としては抜群の旨みを発揮するアントナン・ギヨンのワイン。超当たり年の2019年なら言うことないでしょう。
 
【コルトン・クロ・デュ・ロワ】
グラン・クリュ・コルトンの中で最上級の区画、クロ・デュ・ロワ。所有面積は0.55ha。平均樹齢50年の古樹。木製タンクで発酵後、新樽50%で18カ月熟成。傑出した仕上がりとなった2019年。
ワインアドヴォケイトで93点+を獲得。ビン詰めされたコルトン・グラン・クリュ(赤)2019の中でベスト3に入る評価。ワインアドヴォケイト評を要約抜粋すると以下の通り
「2019年のコルトン・クロ・デュ・ロワ・グラン・クリュは素晴らしい。甘いベリー系果実、甘草、温かいスパイス、バラの花びら、ローム質(粘性質)土壌などのアロマが感じられる。ミディアムからフルボディで、生き生きとしていて凝縮感があり、深みがありエレガント。時間が経てば(このワインは)ギヨンの最上級の2019年となると私は信じている」
日本入荷僅か3ケース。
 
★ワインアドヴォケイト 93点+
飲み頃:2025~2045
The 2019 Corton Clos du Roy Grand Cru is excellent, offering up aromas of sweet berry fruit, licorice, warm spices, rose petals and. loamy soil Medium to full-bodied, lively and concentrated, it's deep but fine-boned, with a more linear, tightly wound profile than the ampler, broader Bressandes. With time, however, I believe it will emerge as Guyon's finest 2019. (Wine Advocate Issue 1st Oct 2021)
 
★ワインスペクテーター 93
飲み頃:2024~2038
Well marked by spicy new oak flavors that gain the upper hand on the fruit for now. Polished and with a glossy feel to its cherry, plum and earth notes and is backed by lively acidity. Just a touch compact on the finish. Best from 2024 through 2038. (Wine Spectator Issue Nov 15,2021)
 
 

  • コルトン・クロ・デュ・ロワ2019(アントナン・ギヨン)

  • 販売価格

    12,980円(税込)

  • 在庫

    7個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品