×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  シャブリ・プルミエ・クリュ・ラ・フルショーム2020(ベッサン・トランブレイ)

シャブリ・プルミエ・クリュ・ラ・フルショーム2020(ベッサン・トランブレイ)

【ベッサン・トランブレイ】
シャブリの名手、ジャン・クロード・ベッサン。彼がシャブリでワイン造りを始めたのは1989年。自身は建築家を目指していたが、妻の実家のトランブレイ家に跡取りがなく、そのブドウ畑を受け継ぐことになった。その後、ドメーヌ名には息子ロマンの名が加わり、2016年頃からジャン・クロード・エ・ロマン・ベッサンとなった。2022年ジャン・クロード・ベッサンは正式に引退し、息子ロマンにその座を譲り、2020年ヴィンテージからドメーヌ名はベッサン・トランブレイとなった。(元々大部分の畑がジャン・クロードの妻エヴリンヌの実家であるトランブレイ家の所有だった。その畑を2021年に正式に相続したため)。
 
現在所有するブドウ畑は12ha。シャブリ(スタンダードと樹齢45〜55年の「ヴィエイユ・ヴィーニュ」の2種類)、1級モンマン、ラ・フォレ、フルショーム(スタンダードと「ラ・ピエス・オー・コント」の2種類)、特級ヴァルミュールの5アペラシオンから7種類のワインを造っている。
 
ワインの醸造はヴィンテージとアペラシオンに応じて、ステンレスタンクと小樽を使い分けている。ジャン・クロードの目指すワインのスタイルは「フィネス、フローラルさ、ミネラル感」。実際どのキュヴェもシャブリのエッセンスが詰まった、フローラルな香りとミネラルを感じさせるワイン。和食や寿司には抜群の相性。
 
近年このドメーヌの評価はうなぎのぼりで、今まさに大ブレイク前夜の様相である。シャブリの2大巨頭、ラヴノー、ドーヴィサに匹敵する評価である。ワインアドヴォケイトでこう称賛されている。
「何度も書いているが、このドメーヌはもっと語られるべき存在でシャブリのトップ6に入るドメーヌの一つである。ベッサンはシャブリの酸味と緊張感を愛し、それをワインにて表現するという哲学で、切れ味と凝縮感、質感、立体感を備えたワインを見事に実践している。偉大なシャブリに求められるすべての要素を備えている」(ワインアドヴォケイト2022年7月22日号)
 
そしてフランスで最も影響力のあるワインガイド「ル・ギド・デ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2023年度版」が2023年9月に発売され、ベッサン・トランブレイ(ブルゴーニュ)、ピション・ラランド(ボルドー)、ドメーヌ・ド・モンティーユ(ブルゴーニュ)、フィリポナ(シャンパーニュ)、マルク・クライデンヴァイス(アルザス)など12生産者が3つ星に昇格された。
 
コストパフォーマンスにも長けたベッサン・トランブレイ。傑出な仕上がりとなった2020年お見逃しなく。

【シャブリ・プルミエ・クリュ・ラ・フルショーム】 
シャブリ最高峰の1級畑と評されるフルショーム。スラン川右岸のグラン・クリュの北側延長上に位置する。ドメーヌで二つのフルショームが造られている。これはスタンダード・キュヴェのフルショーム。ブドウは1959年~1971年に植樹された古樹。全房圧搾し自然酵母で発酵。古樽で12カ月熟成。
ミネラル、青りんご、白桃、白い花の香りに溢れる。キリッとした酸とミネラルが豊かな果実味を支え、長いアフターにより奥行き深いワインとなっている。このクラスのシャブリとしては非常に長熟な稀有な1本。白/1級畑
 
★ワインアドヴォケイト 93点
飲み頃:2025~2040年
The 2020 Chablis 1er Cru Fourchaume opens in the glass with scents of oyster shell, crisp green apple, white flowers and a discreet touch of youthful reduction. Medium to full-bodied, satiny and precise, its fleshy core of fruit is girdled by racy acids. Concluding with a long, saline finish, it's another success from Bessin. (Wine Advocate Issue 22nd Jul 2022)

 

  • シャブリ・プルミエ・クリュ・ラ・フルショーム2020(ベッサン・トランブレイ)

  • 販売価格

    5,170円(税込)

  • 在庫

    8個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品