×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  ブルゴーニュ・ルージュ2020(クロード・デュガ)

ブルゴーニュ・ルージュ2020(クロード・デュガ)

【クロード・デュガ】
所有する畑は僅か約6ha余りだが、カルト的人気誇るブルゴーニュの名匠、クロード・デュガ。かつてロバート・パーカーがロマネ・コンティを脅かす存在になると評したほど。畑は全てジュヴレ・シャンベルタンにあり、1.5haがブルゴーニュ・ルージュ、3.5haが村名格のジュヴレ・シャンベルタン、残りがプルミエ・クリュとグラン・クリュになる。
 
耕作には馬を使いリュット・レゾネ(減農薬法)で栽培されている。テロワールを重視し徹底した選果により凝縮感溢れるブドウを収穫する。仕上がったワインは高貴な香で、凝縮された果実味は複雑でエレガント。ピノ・ノワールの真髄をたっぷりと堪能できる至極の逸品となる。
 
クロード・デュガのワインをブラインドで試飲すると、ブルゴーニュ・ルージュが村名格のジュヴレ・シャンベルタン、村名格のジュヴレ・シャンベルタンがプルミエ・クリュ、プルミエ・クリュはグラン・クリュと、どのワインもワンランク上のアペラシオンと間違えんばかりのクオリティー。(グラン・クリュはいったいどうなるのか?)。それほどこのドメーヌのワインは傑出している。まさにブルゴーニュファンには垂涎の一献。
 
クロード・デュガは2012年頃から一線を退き、現在、長男のベルトランが当主となりドメーヌを陣頭指揮している。
 
【クロード・デュガによる2020年ヴィンテージ】
夏は乾燥と猛暑が続き、8月21日に収穫を開始した。8月中に収穫が終わったのはこの年が初めてです。降雨量が不足していたため、得られた果汁は少なかったものの、深みのある色合いを呈した濃密でリッチなワインに仕上がった。黒果実を思わせるアロマは、ブドウが十分に熟していることを示しています。収穫時期を早めることは、とても重要だと考えています。というのもブドウ本来の酸を保持することができ、結果としてバランスの良いワインが出来るからです。
 
ワインアドヴォケイトではクロード・デュガの2020年ヴィンテージをこう評している。
「2020年ヴィンテージはクロード・デュガにおいて大成功を収めたヴィンテージとなった。早期収穫と低収量により、適度なアルコール度数で生き生きとしたフレーバー、素晴らしい力強さ誇るワインとなった。2019年ヴィンテージに比べ、よりタイトで官能的ではないものの、2020年ヴィンテージは非常に高品質で、優雅に熟成するためのバランスとエネルギーを持っている。このドメーヌを訪れるのは、いつも秋の(ブルゴーニュの)テイスティングツアーでのハイライトだが、今年も例外ではなかった。これらのワインはこれ以上ないほど熱烈にお勧めする」(ワインアドヴォケイト2022年1月21日号)

【ブルゴーニュ・ルージュ】
ジュヴレ・シャンベルタンとモレ・サン・ドニの間にある、ジュヌヴリエールという区画から生まれるブルゴーニュ・ルージュ。古樽で16カ月熟成。しかし、このワインを飲んでブルゴーニュ・ルージュと思う人がいるだろうか。豊潤で複雑な果実味に深みのある余韻。ACブルゴーニュの枠を完全に抜け出し、村名格のジュヴレ・シャンベルタン並みの風格がある1本。溶け込んだタンニンと活力のある酸が豊潤な果実味にしっかりとした骨格を与えている。今すぐ飲んでも十分に楽しめるが、10年以上の熟成も期待できる桁外れのブルゴーニュ・ルージュ。赤/ACブルゴーニュ
 
★ワインアドヴォケイト 88
飲み頃:20212035
The 2020 Bourgogne is lovely, offering up aromas of rich berry fruit mingled with loamy soil and spices. Medium-bodied, bright and concentrated, it's fine-boned and elegant, with lively acids and powdery structuring tannins. (Wine Advocate Issue 21st Jan 2022)

 

  • ブルゴーニュ・ルージュ2020(クロード・デュガ)

  • 販売価格

    7,850円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品