×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  ヴォーヌ・ロマネ2020(ミシェル・グロ)

ヴォーヌ・ロマネ2020(ミシェル・グロ)

【ミシェル・グロ】
ヴォーヌ・ロマネを拠点にし、ブルゴーニュを代表する造り手、グロ家。現在グロと名の付くドメーヌは4つあるが、そのグロ家の本家がこのミシェル・グロ。1995年に先代ジャン・グロが引退し、ミシェルがドメーヌを引き継いでから、さらなる飛躍を遂げている。近年ミシェル・グロはヴォーヌ・ロマネ組合の理事長を務めているほど。ワインはブドウの力を最大限引き出すために比較的高温で発酵させ、エレガントで豊潤な果実味をバランスよく引き出している。このドメーヌのワインはヴォーヌ・ロマネの魅力が詰まったお値打ちの逸品ばかり。

ドメーヌは2020年からミッシェル・グロから息子ピエール・グロに受け継がれ新たなスタートを切った。1990年生まれのピエールは当初ドメーヌを継ぐ気はなかったという。パリで工学の学位を取得し、エンジニアとしてパリやロンドンのカナリー・ワーフで働いていた。しかしワイン造りへの思いが募りブルゴーニュに戻り、エンジニアの仕事と並行して、父ミシェルの下でワイン造りを学んだ。2016年には働きながらブドウ栽培の学位を取得。2019年ワイン造りに専念するためエンジニアの職を離れた。2020年からは栽培、醸造はピエールが陣頭指揮を執り、ミシェルは一線を退きサポートにまわった。新生ミシェル・グロが本格的にスタートを切った。2022年にはグロ・フレール・エ・スールとのフェルマージュ契約が終了し、エシェゾーやリシュブールの畑が戻ってくるという。ますます今後が楽しみである。
 
【ミシェル・グロの2020年ヴィンテージに関して】
収穫は8月28日に始まり、9月10日に終了しました。2018年、219年同様、ブドウは健全で疑う余地のないパーフェクトな状態でした。よって選別はほとんど必要ありませんでした。
パーフェクトな健全さ、完璧な成熟度、夏の水不足に起因する果汁の少ないブドウから、2020年は偉大な凝縮度を誇るワインが生まれました。一方、フレッシュさや酸味の点では2019年より高いと言えます。2020年のワインは2015年、2018年、2019年のヴィンテージの系統に属し、特徴としてはピュアで極めて凝縮度が高く、美しいバランスに恵まれた完熟のヴィンテージです。

【ヴォーヌ・ロマネ】
このキュヴェはオー・レア、オ・ドシュ・ド・ラ・リヴィエール、ラ・コロンビエールの3つの畑のブドウをブレンドして造られる。3つの畑ともヴォーヌ・ロマネ村の中心に近い場所にある。ドメーヌの個性を知るには最適な1本であると同時に、ヴォーヌ・ロマネのお手本ともいうべき逸品!赤/ACヴォーヌ・ロマネ
 

  • ヴォーヌ・ロマネ2020(ミシェル・グロ)

  • 販売価格

    12,870円(税込)

  • 在庫

    9個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品