×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  サヴィニー・レ・ボーヌ・ルージュV.V2019(ルイ・シュニュ)

サヴィニー・レ・ボーヌ・ルージュV.V2019(ルイ・シュニュ)

【ルイ・シュニュ】
シュニュ姉妹が運営するサヴィニー・レ・ボーヌの人気ドメーヌ、ルイ・シュニュ。創業は1917年で、少し前まではヴァンサン・ジラルダン、ルイ・ジャドといった有名ネゴシアンに大部分を売っていた。2000年に父から娘のキャロリーヌ・シュニュ(妹)がドメーヌを継承してから、本格的に自社ビン詰めを開始。2002年からローヌワイン委員会でマーケッティングを担当していた姉、ジュリエットも参加するようになった。醸造は妹キャロリーヌが担当し、営業、広報は姉ジュリエットが担当している。

 栽培は厳格なリュット・レゾネを採用し、低収穫を心掛けている。受け継いだ畑には古樹も多く、サヴィニー・レ・ボーヌの土地柄を愛し、テロワールを重視する。現在サヴィニー・レ・ボーヌだけで6種類のワインを造っているが、彼女等のワイン造りのモットーは「自分たちが飲んで素直に美味しいと思うもの」だと言う。彼女等のワインはまさにピュア&ナチュラル。みずみずしいチャーミングな果実味が口中いっぱいに広がる。飲み疲れせずついついお代わりしたくなる一献。

2019年は会心の仕上がりとなったルイ・シュニュ。ヴィノスのニール・マーティンは「ドメーヌの2019年の頂点とも言うべきサヴィニー・レ・ボーヌ・オー・ジャロンと、火打ち石のような張りのあるレ・ラヴィエールはシュニュ姉妹の素晴らしいワインセットだ」と評した。

【サヴィニー・レ・ボーヌ・ルージュV.V】
粘土石灰質の力強い土壌を持つ、サヴィニー村東側のオー・シャン・シャルドン、レ・プレヴォー、レ・プランショ・ド・ラ・シャンパーニュ、グラン・ピコタンの2区画の計5区画のブドウで造られる。平均樹齢約60年の古樹。2~5回使用樽で18カ月熟成。彼女達のスタイルを1番感じてもらえるキュヴェ。古樹を使用した贅沢な造りで古樹ならではの深みを感じる1本。日本への入荷は171本。赤/ACサヴィニー・レ・ボーヌ

秀逸な仕上がりとなった2019年。ヴィノス評を抜粋すると以下の通り。
「2019年のサヴィニー・レ・ボーヌV.Vは、私が試飲したときにはまだタンクに入っていた。果実味を抑える還元がほんの少しあったが、それは問題ではない。繊細なタンニンでラズベリーやクランベリーの果実味が感じられるミディアムボディ。輪郭がはっきりしている少し素朴なスタイルで、塩気を感じるフィニッシュ。これはビン詰め後にもう1度試飲してみる価値がある」
 
★ヴィノス 89~91点
飲み頃:2022~2030年
The 2019 Savigny-lès-Beaune Vieilles Vignes was still in tank when I tasted it. Planted in four different parcels, all located in the plateau area, the vines here are over 60 years old. There was just a touch of reduction that suppressed the fruit during my visit, but that's no problem. The medium-bodied palate offers brittle tannins and raspberry and cranberry fruit. A little earthy in style, with a well-defined, quite saline finish. This is well worth looking out for once in bottle.(By Neal Martin on October 2020)
 

  • サヴィニー・レ・ボーヌ・ルージュV.V2019(ルイ・シュニュ)

  • 販売価格

    5,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品