×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  ヴージョ・クロ・デュ・プリューレ・ブラン2005(ヴージュレー)

ヴージョ・クロ・デュ・プリューレ・ブラン2005(ヴージュレー)

数少ない白のヴージョを造っているドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレー。ブルゴーニュの有名ネゴシアン、ボワセグループが所有するドメーヌ。近年はワインスペクテーターやワインアドヴォイケイドなどから高い評価を受けている注目の存在。ドメーヌの歴史は1964年にジュヴレ・シャンベルタンの畑を取得したことから始まる。現在では北はジュヴレ・シャンベルタンから南はピュリニー・モンラッシェまで多くの畑を所有している。90年代初頭から化学肥料を使用しない有機栽培を行い、2001年には公式な有機農法の認定を受け、2005年からはビオディナミによるワイン造りを実践している。クロード・デュガなどのように耕筰にはトラクターでなく馬を使い、醸造もなるべく人の手を掛けないようにし、赤ワインは全て蓋のない木桶で発酵を行う。木桶にこだわるのは発酵開始から発酵終了時まで自然なカーブを描いて上昇するからだという。醸造の陣頭指揮を執るのはポマールの銘ドメーヌ、コント・アルマンの醸造長として、ビオディナミ栽培で手腕を振るったパスカル・マルシャン。熟成させる樽の種類もブドウの樹齢やアペラシオンによって細かく厳選していく。清澄、濾過はせずビンつめされたワインはピュアでナチュラルな仕上がりに。大きな期待が膨らむ話題の2005年ヴィンテージが入荷!ちなみに2005年はパスカル・マルシャンが醸造長を務めた最後のヴィンテージとなった。

ドメーヌの看板ワインというのがクロ・ヴージョ。中でもモノポール(単独所有)である白ワインのクロ・デュ・プリューレもその一つ。もともとはピノ・ノワールが植わっていたが80年代初頭に一部をシャルドネに植え替えた。新樽25%で13ヶ月熟成。豊潤で優雅な口当たりで酸とのバランスが素晴らしい一献。ブルゴーニュ・ファンなら一度は試してみたい珍しいヴージョの白ワイン!白/ACヴージョ/モノポール

  • ヴージョ・クロ・デュ・プリューレ・ブラン2005(ヴージュレー)

  • 販売価格

    11,000円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン
  • ヴージョヴージョ

関連商品