×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  ブルゴーニュ»  クロ・ヴージョ2011(ジャック・プリュール)

クロ・ヴージョ2011(ジャック・プリュール)

【ジャック・プリュール】
18世紀末にムルソーに設立されたブルゴーニュを代表する名ドメーヌ、ジャック・プリュール。1988年にアントナン・ロデ社が提携後はドメーヌのクオリティーは飛躍的に上昇し、スケールの大きなワインを生産している。ドメーヌの所有する畑の殆どが特級畑と一級畑。1990年から指揮をとるのは天才女性醸造家、ナディーヌ・ギュブラン。1997年にはフランスで女性初のベスト・エノロジスト(醸造家)に選ばれたほど。1997年から全ての畑がビオロジック栽培となり、馬による耕作が行われている。プルミエクリュは新樽率25%で約18カ月熟成、グランクリュは新樽率100%で約24ヶ月熟成させる。

【2011年ヴィンテージ】
乾燥した穏やかな冬を経て3月の終わりに春が訪れた。夏を思わせるほどの暖かい気温によりブドウ樹は急成長し、4月の上旬には蕾が開き始めた。これは1994年から2010年の平均より3週間も早い記録となった。春から3カ月続いた暖かく乾燥した気候により5月の3週目から開花が始まった。これは通常より2週間以上早い開花となった。7月14日を過ぎてから冷たい風を伴う雨が降り、急激な天候の変化があった。ヴェレゾン(ブドウが色付くこと)は7月後半から始まり、ブドウの成熟は遅れたが、畑は健康的な状態を維持した。その後、天候は好転し、乾燥し美しく穏やかな気候になったことで収穫は8月の終わりから9月の中旬にかけて行われた。収穫時に良い天候が続いたことでブドウの完全な成熟を待って収穫をすることができた。2011年は滑らかで繊細で、比較的若いうちから楽しめるワインになった。 

【クロ・ヴージョ】
所有する区画は1.2haの粘土質土壌。北側に位置しクロ・ヴージョのシンボルともいえるシャトー・ド・ラ・トゥールの畑に隣接している。ブラックチェリー、タバコ、ダークチョコレートなどの香りを感じる。力強く凝縮した果実味が口中に溢れ重厚で長い余韻に魅了される。今後10年以上の熟成が約束されている逸品。
 
★ワインスペクテーター 93点
飲み頃:2017~2028年
Dense, with black cherry and blackberry flavors accented by spice hints, imparting a chalky, minerally sensation. This is firm now, but the finish extends with a mix of fruit, spice and stone notes. Best from 2017 through 2028. (Wine Spectator Issue Mar 31, 2014)
 

  • クロ・ヴージョ2011(ジャック・プリュール)

  • 販売価格

    19,800円(税込)

  • 小売希望価格

    26,400円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン
  •  

     

関連商品