×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  シャンパーニュ»  グラン・クリュ・ブリュット・ラ・セデュイザント・トラディション(ジャン・マリー・バンドック)

グラン・クリュ・ブリュット・ラ・セデュイザント・トラディション(ジャン・マリー・バンドック)

【ジャン・マリー・バンドック】
シャンパーニュを代表するグラン・クリュ村、ブジー。だがブジーのブドウの大半は大手メゾンに買われてしまい、ブジー100%のシャンパーニュは意外と少ない。そんな中、ジャン・マリー・バンドックは生粋のブジー100%の造り手。所有する3haの畑は全てブジーで、真南を向いた斜面にブドウ畑が広がっている。30センチ下は典型的なチョーク層で日照時間にも恵まれ、ブドウは十分に糖度を確保できる贅沢な環境。
 
ブジーは他のグラン・クリュに比べてアルコール度数が高く、凝縮度も高い。堅固な骨格を持つ男性的な味わいが特徴で、ジャン・マリー・バンドックのシャンパーニュはそんな特徴を見事に表現している。
 
彼は同じブジー村の造り手5軒と共にソシエテ・ヴィニョロンと呼ばれる組合を作っている。圧搾・発酵からティラージュまでの醸造設備を共有していて、以前はブノワ・ライエもこの組合に参加していた。小規模の栽培農家が自前の醸造設備を持つ事は難しく、共同で醸造設備を使うことでシャンパーニュ造りを可能にした。
 
収穫されたブドウは造り手ごとや畑ごとではなく、収穫のタイミングが合った畑を一緒に圧搾、発酵、熟成。翌年の2月に組合員が集まってヴァン・クレール(ベースになるワイン)の試飲を行う。その場で各造り手が独自のアッサンブラージュを行うという珍しいスタイル。このアッサンブラージュとリザーヴ・ワインの比率により造り手の個性が決定していく。
 
ジャン・マリー・パンドックの特徴は50%以上のリザーヴ・ワインを使用する事。「ブジーのピノ・ノワールは少し熟成することで深みと個性が出ると考えている。僕のシャンパーニュは独特の強さと厚みを持つ。なかには酒質が強すぎると感じる人もいるはず。でも、これこそがグラン・クリュ、ブジーなのさ」とジャン・マリー・バンドックは語る。
 
年間の生産量は20000ケースで、そのほとんどは個人向けに直売している。ブジーの醍醐味を満喫できる貴重な地酒のようなシャンパーニュ。
 
【グラン・クリュ・ブリュット・ラ・セデュイザント・トラディション】
このキュヴェはブジーの重厚感あるピノ・ノワールを表現したキュヴェ。ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%。ピノ・ノワールの力強い個性を表現するためあえて万人受けするようなバランスを考えず、ブジーど真ん中のピノ・ノワールを詰め込んだ。セメントタンクで発酵後、ヴァン・クレール(原酒)を100種前後試飲しアッサンブラージュ。リザーヴ・ワインは60%とかなり多めにブレンドしている。ビン内熟成36カ月。ドサージュは6g/L。力強さの中にエレガンスを感じる一献。白/特級畑/レコルタン・マニプラン

【試飲】
典型的なシャンパンゴールドの色調でグラスから熟した果実、ハツミツ、ドライフルーツ、アンズの香りが立ち上がる。リザーヴ・ワインの効果だろうか熟成したヴィンテージ・シャンパーニュのような果実味が綺麗に広がる。アフターにはピノ・ノワールのエレガントだが濃密な旨味が口中で弧を描く。造り手が「ブジーのピノの重厚感を表現したキュヴェ」というのが肯ける。名前だけのグラン・クリュとは一線を画すしっかりとした骨格を持った一献。格上キュヴェのリレズィスティーブルと比較すると深みと優雅さには欠けるが、この価格帯でこのクオリティーは間違いなくお値打ち品。エレガントでフルーティーなシャンパーニュが好きな人には少し濃いかもしれないが、熟成感あるシャンパーニュが好きな人には超お薦めの1本。(2022年2月下旬試飲)
 

  • グラン・クリュ・ブリュット・ラ・セデュイザント・トラディション(ジャン・マリー・バンドック)

  • 販売価格

    5,940円(税込)

  • 希望小売価格

    8,360円(税込)

  • 在庫

    2個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品