×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  シャンパーニュ»  グラン・クリュ・クラマン・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット(ドント・グルレ)

グラン・クリュ・クラマン・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット(ドント・グルレ)

「ダイナミズム溢れる息子が帰ってきた」(ベタンヌ&ドゥソーヴ2017
「これから追いかけるべきドメーヌである」(ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス 201612月シャンパン特集号)
フランスの2大ワイン専門誌からスクープされたシャンパーニュのライジングスター、アドリアン・ドント。201712月、フランスのシャンパーニュマガジン【bulles et millésimes】においては「ヴィニュロン・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞した。

【ドント・グルレ】
 ドント・グルレはアヴィズ村の栽培家ドント家のエリック・ドントとキュイ村の栽培家グルレ家のエディット・グルレの結婚によって1986年に誕生したレコルタン・マニプラン。グラン・クリュのクラマンとシュイィ、プルミエ・クリュのキュイとアヴネイ・ヴァル・ドール、およびコート・ド・セザンヌに合計6haの畑を所有している。
 
2012年、ラエルト・フレール等での修業を終えた息子アドリアンが帰還。直後よりビオロジー栽培を開始し、翌2013年にビオディナミに転換した。しかし近年栽培に関しての考えが変わり、盲目的にビオディナミをせず、土壌の活性化に焦点を当てブドウを自由に育成することに注力している。収穫は他の生産者と比べると一番遅く、ブドウが完熟するまでじっくりと待つ。これによりドサージュを少なめにし、果実の自然の甘味を引き出している。醸造はステンレスタンクと樽を併用している。マロラクティック発酵を行い、濾過はするが清澄は行わない。

「両親は僕に、2つの宝物を残してくれました。ひとつは平均樹齢45~65年のシャンパーニュでは極めて高樹齢のヴィエイユ・ヴィーニュ。両親は古くから化学肥料を使っていなかったので、根は地中深くまで伸びています。その根が吸い上げるミネラルや滋味こそがシャンパンの味わいそのものです。
 もうひとつは、両親が1986年から毎年注ぎ足してきたヴァン・ド・レゼルヴ。産地や品種ごとに4種類あり、一部は樽で熟成させています。これらのヴァン・ド・レゼルヴによって、シャンパンはより濃密で複雑な味わいとなります」と語るアドリアン。

 偉大なブルゴーニュの白ワインに匹敵するシャンパンを造ることを目指すという彼のワインは、心地よいブリオッシュ香を伴う、繊細で優美な舌触り。薄いヴェールが幾重にも重なったような多層的かつ流麗な味わい。しみじみと心に響く深き余韻に魅了される美酒。

 そんな彼のシャンパーニュは瞬く間に20ヵ国のインポーターからの注文が殺到した。そして2017年12月、アドリアン・ドントがフランスのシャンパーニュマガジン【bulles et millésimes】において「ヴィニュロン・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞。これは「2017年度最優秀レコルタン・マニプラン」のようなもの。4000軒以上いると言われるレコルタン・マニプランの中からの受賞は新人としては快挙。(ちなみにこの年のネゴシアン・マニプランでの受賞はルイ・ロデレール)。
 
2019年夏には初めてワインアドヴォケイト(Wine Advocate #244 Aug 2019)に掲載され、この春(2019年)シャンパーニュを訪れた中でドント・グルレでの試飲は最も刺激的だった」「アドリアン・ドントがシャンパーニュの未来において重要な役割を担うことは運命づけられている。それはこのボトルを飲めば確認できる」と評された。そして全てのキュヴェが高得点を獲得。

今回のロット(2018年主体)はワインアドヴォケイトでこう評された。
「今回の訪問ではドントが最近リリースした2018年を主体にしたキュヴェを試飲した。肉付きがよく、これまで彼がリリースしたNVワインの中で最もグルマンである。読者にはコルクが落ち着き昨年末よりも深みをました2017年主体より先に飲んでもらいたいと提案したくなる。スタイルが全く異なるが、どちらも素晴らしいワインである」(ワインアドヴォケイト2021年9月24日号)

*バックラベルにはセパージュ、ボトリング日、デゴルジュマン日など醸造データが記載されている。
  
【グラン・クリュ・クラマン・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット】
グラン・クリュ、クラマン産のシャルドネ100%で造られるブラン・ド・ブラン。平均樹齢は55年の古樹。今回入荷のロットは2018年産が70%、1986年から毎年注ぎ足しているヴァン・ド・レゼルヴが30%。バリックで醸造。新樽率20%で8~9カ月熟成。ボトリングは2019年5月。デゴルジュマンは2021年5月。ドザージュは2g。「ワイナリーの象徴であるこのキュヴェはクラマンのテロワールを見事に表現している」とアドリアン・ドント。

今回のロットはワインアドヴォケイトでこう称賛された。
「寛大でドラマチックなエクストラ・ブリュット・ブラン・ド・ブラン・グラン・クリュ・クラマン(2018)。柑橘類のオイル、果樹園のフルーツ、白い花、クルミ、フェヌグリーク(ハーブの一種)のアロマがはじけ、トーストのニュアンスも少し感じる。口に含むと、フルボディでたっぷりとした層があり、肉厚で包み込むような果実味、生き生きとした酸、長くチョークのようなフィニッシュだ。今後の熟成も期待できるストラクチャーがここにある」
白/特級畑/レコルタン・マニプラン
 
★ワインドヴォケイト 94
飲み頃:20212031
Generous and dramatic, Dhondt's NV Extra Brut Blanc de Blancs Grand Cru Cramant (2018) bursts with aromas of citrus oil, orchard fruit, white flowers, walnuts and fenugreek, exhibiting only hints of the toasty nuances to come. On the palate, it's full-bodied, ample and layered, with a fleshy, enveloping core of fruit, lively acids and a long, chalky finish. Like all these 2018-base bottlings, it's quite forward out of the gates, yet there's the structure here to sustain bottle age too. (Wine Advocate Issue 24th Sep 2021)

 

  • グラン・クリュ・クラマン・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット(ドント・グルレ)

  • 販売価格

    12,430円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン
  •  

     


    ▲「Winegrower of the year」受賞の様子。シャンパーニュマガジン「bulles et millésimes」のFacebookより
     

関連商品