×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  イタリア»  ブルネッロ・ディ・ヴィーニャ・ロレート2016(マストロヤンニ)

ブルネッロ・ディ・ヴィーニャ・ロレート2016(マストロヤンニ)

【マストロヤンニ】
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを代表する名手、マストロヤンニ。ワイナリーはモンタルチーノの東南部、カステルヌオーヴォ・デッラバーテの丘陵に位置する。元々ポデリ・ロレート・エ・サン・ピオという名の農園で、1975年ローマで弁護士をしていたガブリエーレ・マストロヤンニがこの農園を取得したのが始まり。痩せて急勾配な土地で、崩れやすい土壌だったので、ブドウ畑はなく、森と牧草地があるのみだった。当初は自身の隠居後のために買った土地だったが、ポテンシャルが高い土壌だと見込んでブドウを植樹。これが見事に当たりワイン造りをスタートさせる。
この土地のテロワールを最大限に引き出すためにブドウには手を加えることなく、発酵にはコンクリートタンク使用し、熟成には大樽を用いる伝統的な醸造法でスタートした。初期のヴィンテージから上質なサンジョヴェーゼ特有の素晴らしいアロマを呈していたという。当時は全く無名な造り手だったが、1986年にはブルネッロ・ディ・モンタルチーノ1979がワインスペクテーターに初めて取り上げられている。
 
ワイナリーの大きな転機となったのが1992年に栽培・醸造責任者としてアンドレア・マケッティの招聘。アンドレア・マケッティはモンタルチーノを熟知した地元出身の醸造家であり、イタリア最高のエノロゴの一人、エツィオ・リヴェッラの下で、長らくバンフィの醸造に携わっていた人物。しかし、当時の最新鋭の技術と設備を導入したバンフィの醸造法に違和感を抱いていたという。もっと自然なワイン造りができる場所を求め、彼はマストロヤンニにやってきた。着任当初は簡素な小屋で醸造が行われ、夏場に気温が40度にも達する場所でワインが保管されることもあったという。それまでとは全く異なる環境に身を置くことになった彼が最も驚いたのは、熟成中のワインを試飲していた時のこと。群を抜くおいしさに衝撃を受けた。既に地元では優れた生産者として認識されていたマストロヤンニだが、アンドレアの手腕でそのクオリティは更に飛躍を遂げた。そして2000年以降は名酒として世界的に高評価され、今やブルネッロを代表する生産者となったのは周知のこと。
 
ブルネッロを代表する生産者となった後、創業者のマストロヤンニが死去。相続問題が持ち上がり、2008年にワイナリーはエスプレッソ・コーヒーの最大手メーカー、イリーに売却された。大資本の所有となり質が落ちるのではないかと危惧されたが、新オーナーのフランチェスコ・イリーは「金は出すが、口は出さない」と公言し、今までと同じスタッフでワイン造りが継続された。ただ、よりクリーンでクオリティの高いワインに仕上がるようにセラーの改装、選果台、トロンコニック(台形の木樽)の導入、畑の整備など大規模な設備投資は行われた。ブドウ栽培は有機農法で行われ、自然酵母で発酵。熟成には区画により大樽を使い分ける。元来発酵にはコンクリートタンクだけを使っていたが、現在はトロンコニックと併用している。現在もマストロヤンニの精神は受け継がれ、珠玉のブルネッロ・ディ・モンタルチーノを造り上げている。
2015年も歴史的当たり年だったが、2016年はそれを超える過去50年で最高の当たり年となった。
 
【ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ヴィーニャ・ロレート】
初ヴィンテージは2007年の比較的新しいキュヴェ。ロレートの単一畑で造られる。畑は東向き斜面に位置し主に凝灰岩質の砂やオルチャ川から運ばれてきた石からなる土壌。フィレンツェ大学が厳選した粒の小さな実をつける8種の古いクローンが土壌に合わせて植樹されている。アリエ産オークの3種類の大樽(1600L、2500L、3300L)で36カ月熟成。瓶熟6~8カ月以上を経てリリースされる。
 
ワインアドヴォケイトでは過去最高の評価となった2016年。ワインアドヴォケイト評を要約すると以下の通り。
「ヴィーニャ・ロレートの畑はワイナリー前の斜面にあり、このワイナリーの目玉となるブドウ畑。広さは1.58ヘクタール。2016年のヴィーニャ・ロレートは、太陽の光とトスカーナの輝きに溢れ、熟した果実味のあるブルネッロとなり、堂々とした豊潤な力強さに満ちている。このワインはダークフルーツ、スパイス、レザー、タバコ、ローズマリーのエッセンスをもたらし、ブーケと味わいを超越した特別なレベルのパワーを放っている」
 
★ワインアドヴォケイト 97
飲み頃:2023~2045
The Vigna Loreto, located on the slope in front of the Mastrojanni winery, is the estate's showpiece vineyard, not only because it is positioned in full view of incoming visitors but also because of its ideal southeast-facing exposures. It is 1.58 hectares in size and has pebbles and tufo. The 2016 Brunello di Montalcino Vigna Loreto (with 8,000 bottles produced) is awash in sunlight and Tuscan luminosity, resulting in a ripe and fruit-forward Brunello that never shies away in terms of richness or intensity. Indeed, the wine delivers a special level of power that transcends the bouquet and the palate, resulting in dark fruit, spice, leather, cured tobacco and rosemary essence. The tannins are firm but integrated and otherwise tucked into the ample flesh of the wine. (Wine Advocate Issue 1st Dec 2020)
 
★ワインスペクテーター 94
飲み頃:2024~2045
This suave and velvety red boasts cherry, leather, earth, tobacco and woodsy aromas and flavors. Verging on creamy, the texture showcases the ripe, macerated cherry fruit, ending with a dusting of tannins. Offers fine overall balance and length. Best from 2024 through 2045.  (Wine Spectator Issue Jun 30,2021)
 
 

  • ブルネッロ・ディ・ヴィーニャ・ロレート2016(マストロヤンニ)

  • 販売価格

    13,400円(税込)

  • 在庫

    5個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     


    ▲Wine Advocate ワインアドヴォケイトで過去最高の評価。
     

関連商品