×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  その他のフランス»  プイィ・フュメ・プレリュード2019(ジョナタン・ディディエ・パビオ)

プイィ・フュメ・プレリュード2019(ジョナタン・ディディエ・パビオ)

プイィ・フュメを代表する新世代の造り手、ジョナタン・ディディエ・パビオ。新人でさほど知名度が高くないにもかかわらず、「ラルページュ」「ルドワイヤン」「ギー・サヴォワ」などフランスの最高級レストランがオンリストする、圧巻のプイィ・フュメ。

【ジョナタン・ディディエ・パビオ】
ジョナタン・ディディエ・パビオはプイィ・フュメを代表する新世代の造り手。プイィ・シュル・ロワール村近郊のレ・ロッジュ村に5世代続くブドウ栽培家の家系で、1977年に父ディディエ・パビオがドメーヌを設立し、2005年に息子のジョナタンが継承した。
 
ジョナタンは研修先だった南仏フォジェールの名手、レオン・バラルでビオディナミに出会い、衝撃を受け、2006年から自らの畑でビオディナミの手法を採り入れ、ビオロジック栽培を開始。
 
「ここプイィ・フュメには約120人の造り手がいますが、ビオロジック栽培を実践しているのは僕も含めてまだ3人しかいません(2012年現在)。ワインの品質はもちろんですが、子供たちの生活環境のためにも、この地にビオロジック栽培を広めていきたい。ビオディナミについては、時間ができるとブルゴーニュのルフレーヴやジャン・ルイ・トラペを訪ね、いろいろ教わっています」と語るジョナタン・パビオ。
 
造り手としては新人でさほど知名度が高くなかったにもかかわらず、仏ミシュラン3つ星のラルページュ、ルドワイヤン、ギー・サヴォワ、同2つ星のアピシウス、ル・グラン・ヴェフール、ル・クリヨン、といったフランスの名レストランに続々とオンリストされ、その数は現在約70件を数える。
 
ワインアドヴォケイト(2021年3月19日号)でジョナタン・ディディエ・パビオの近年のヴィンテージを紹介しているので抜粋して参考に記す。
「2017年は霜の影響で生産量が劇的に減少したが、品質は素晴らしかった。ジョナタン・パビオにとって、2017年は2008年や2010年と並んで、彼のキャリアの中で最も素晴らしいヴィンテージの一つとなった。2018年、2019年は酸味を保つことが重要だったため、初めてマロラクティック発酵を行わなかった。これらのヴィンテージの果実は熟していて、フルボディでありながらバランスのとれたワインに仕上がった。私が試飲したワインのほとんどは安定していた。価格もよりもワインの品質が劇的に高いことに驚いた」
 
【プイィ・フュメ・プレリュード】 
粘土石灰質、粘土質、シレックス土壌の各畑より、樹齢4~10年の若木のソーヴィニヨンにフォーカスすることで、みずみずしさやフルーティーさを前面に表現したキュヴェ。ステンレスタンクで6~8カ月醸造。作品名の「prelude」は「前奏曲」の意。
 
ワインアドヴォケイト評を抜粋すると。
「まだ還元的だが、熟したエレガントな果実のアロマ、砕いた石の繊細なスモーク、熟したシャスラのアロマ(もちろんこれはソーヴィニヨンだが)があり、丸みを帯びたエレガントでアロマティックなプイィで、生き生きとした酸味とアロマティックな長い余韻が特徴だ。ほぼ完成形」
 
【試飲】
2019年はマロ発酵をしなかったヴィンテージだという。グラスから柑橘系果実、ミネラル、はちみつ、火打石の香りを感じる。口中に含むと熟した力強い果実味とバランスの良い酸が奇麗に広がる。これでマロ発酵をしてないのかと思うほど充実した果実味が印象的だ。甘味を感じる果実味にしっかりとした酸で長い余韻を演出している。価格を考えれば非の打ちどころがないほど。そこで思わず、もしかしたら間違って一つ上のキュヴェを開けたのかと思い、ラベルを確認した。間違いなくキュヴェ・プレリュードだった。醸造家の英知を感じるお値打ちの1本。(2021年11月上旬試飲)
 
ワインアドヴォケイト 90点
飲み頃:2021~2032年
Assembling the fruit from four- to 10-year-old vines in all the vineyards of the domain and aged in stainless steel for six to eight months, the 2019 Pouilly Fumé Prélude is the early bird of the vintage. Still reductive but with ripe, elegant fruit aromas, the delicate smoke of crushed stones and ripe Chasselas aromas (although it's a Sauvignon, of course), this is a round, elegant and aromatic Pouilly with vivacious acidity and a long and aromatic finish. Nearly ready to go. (Wine Advocate Issue 19th Mar 2021)
 
 

  • プイィ・フュメ・プレリュード2019(ジョナタン・ディディエ・パビオ)

  • 販売価格

    3,580円(税込)

  • 在庫

    3個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品