×

CATEGORY

CATEGORY

メール会員登録

MENU

HOME»  その他の国»  ピノ・ノワール2015(クォーツ・リーフ)

ピノ・ノワール2015(クォーツ・リーフ)

【クォーツ・リーフ】
ワイナリーの設立は1996年と新しいが、ニュージーランドのみならずニューワールドの中でもトップクラスの評価を得ている注目の新進ワイナリー。
 
創設者であるルディ・バウアーはオーストリア出身。ザルツブルグ生まれで、グンボルツキルヘン大学とクレムス大学でブドウ栽培学と醸造学を学び、ドイツの大学ではワインビジネスまで学んだ秀才。大学卒業後にニュージーランドへと渡りミッション・ヴィンヤードを皮切りにリッポン・ヴィンヤード、ギーセン・ワイナリー、さらにカリフォルニアのシミ・ワイナリー、ブルゴーニュのメオ・カミュゼ等で研鑽を積んだ。1996年ニュージーランドの南島、セントラル・オタゴに自らのワイナリー、クォーツ・リーフを立ち上げた。30ヘクタールの畑はビオディナミによって栽培されている。日当たりの良い北向き畑は南緯44.55度、海抜217~264mの斜面に広がる良質な砂質ローム土壌。
 
2000年代初頭からワインアドヴォケイトやワインスペクテーターなどのワイン専門誌に高評価され、数々の国際ワイン・コンクールで賞を受賞。2010年には「ニュージーランド最優秀ワインメーカー」に輝いた。また瓶内二次発酵で造るスパークリングも注目を集めている。ピノ・ノワールはブルゴーニュのトップドメーヌに迫る注目のワイナリー。
 
【ピノ・ノワール】
1998年に植樹されたオーガニックとビオディナミの認定を受けたブドウを使用。2015年の収穫は3月26日~4月9日。7日間の低温マセレーションを経て自然酵母で発酵。最高約12日間毎日丁寧に攪拌。新樽率28%のフレンチオーク樽で12カ月熟成。2016年6月26日ボトリング。
 
【試飲】
黒い果実の香りがグラスから溢れる。シルクのようなしなやかタンニンと甘味を感じるほど豊潤な果実味がバランスよく口中で舞う。アフターは長く、このワインのポテンシャルの高さを物語っている。エレガントで凝縮感ある果実味はもはやグランクリュのレベル。ブルゴーニュの1万円台のワインに十分匹敵するのではないだろうか。エレガントの中に力強さを感じるピノ・ノワール。間違いなく旨いし、安いと思う。NZピノ・ノワールのコストパフォーマンスの高さを証明したこのような1本。ただ可憐で繊細なピノ・ノワールが好きな人にはやや強すぎるかもしれないが。(2019年7月上旬試飲)
 
★ワインアドヴォケイト95
飲み頃:20162024
Medium ruby-purple in color, the 2015 Pinot Noir exudes gorgeous violets, red roses and black cherry notes with underlying Provence herbs, dusty earth and cinnamon stick hints. Medium-bodied, the palate has a firm backbone of ripe, velvety tannins with lively acid supporting the concentrated, multi-layered flavors, finishing long. Spectacular Pinot Noir! (Wine Advocate #228 Dec 2016)
 
 

  • ピノ・ノワール2015(クォーツ・リーフ)

  • 販売価格

    5,500円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン
  •  

     
     




  •  

関連商品