×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

HOME»  その他の国»  ソーヴィニヨン・ブラン・テ・ワ2019(アタ・ランギ)

ソーヴィニヨン・ブラン・テ・ワ2019(アタ・ランギ)

【アタ・ランギ】
今やピノ・ノワールの聖地として知られるニュージーランドのマーティンボロー。そのマーティンボローを銘醸地として世界に知らしめたのがアタ・ランギだ。
 
マオリ語で「夜明けの空、新たな始まり」を意味するアタ・ランギは1980年にクライヴ・ペイトンと妻のフィル、クライヴの妹アリソンと夫のオリバー・マスターズの4人によって設立された。クライヴ・ペイトンはマーティンボローの町の外れに5haの痩せた牧草地にピノ・ノワールの他、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、シラーを植樹。1984年に初ヴィンテージのレッド・ブレンド、1985年にはピノ・ノワールを少量仕込んだ。マーティンボローは日照積算温度、降水量、土壌がブルゴーニュと似ているという調査研究も発表され、1980年代にワイン産地として急速に興隆発展した。
 
一躍アタ・ランギの名が世界に知れ渡るようになったのは1995年。毎年11月ロンドンで開催されるインターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)でアタ・ランギ・ピノ・ノワールが「最優秀ピノ・ノワール」を受賞。翌1996年にも「最優秀ピノ・ノワール」を2年連続で受賞した。これによりアタ・ランギが位置するニュージーランド北島南端の小さな産地、マーティンボローは世界で注目の的となった。ちなみに2001年のIWSCで3度目の「最優秀ピノ・ノワール」を受賞している。

そしてアタ・ランギを語るとき外すことができないがエイベル・クローン。ニュージーランドの税関職員でブドウ園を所有していたマルコム・エイベル。1970年代フランスから帰国した旅行者がブドウの穂木を持ち込もうとしていた。問い質すとロマネ・コンテイの畑に忍び込み違法に持ち帰ったものだと判明し、没収される。本来ならそこで廃棄処分されるのだが、税関職員だったエイベルは穂木をこっそりと持ち帰り自分のブドウ園に植樹してしまった。これがエイベル・クローンの始まり。エイベルと知り合いだったクライヴ・ペイトンは、エイベル死去後、そのブドウ樹を譲り受けアタ・ランギの畑に移植した。最初の区画に植樹したエイベル・クローンはマーティンボローの冷涼な気候によく適合し、冷涼で不作な年でもきれいな酸と風味を持つブドウを生み出してくれた。現在、アタ・ランギ・ピノ・ノワールの畑の多くは、このエイベル・クローンが中核となっている。

現在、アタ・ランギは計55haの畑からなり、その半分は自社畑と一部リース契約により自社で栽培管理をしている。契約畑の多くは自社畑と同様にシルトに覆われた水はけのよい土壌で、年間降雨量が平均700ミリと少なく、収量は1ha当たり4トンと低収量に抑えられている。マーティンボローとその周辺一帯は、湾から内陸に向かって吹きつける強い風により、春先の開花時期の結実が難しく、他の地域よりも樹1 本あたりの房数が非常に少なく、またブドウの実が風から自己防御するように果皮を厚くし、それが風味を凝縮させるといわれている。栽培は殺虫剤、化学肥料、除草剤などは使用せず、一部でビオディナミを取り入れている。全ての自社畑は2014年にNZのオーガニック認証機関バイオグロ(Bio Gro)の認証を受けている。
 
アタ・ランギへの称賛は枚挙に暇がないが、近年ではウェリントンで開催されたインターナショナル・ピノ・ノワール2010でアタ・ランギ(とフェルトン・ロード)がマオリ語で「ニュージーランド・ピノ・ノワールにおけるグラン・クリュ/もっとも偉大な成長」と称される「Tipuranga Teitei o Aotearoa」賞を受賞。これは「ニュージーランドで最も偉大なピノ・ノワールワイン」と称賛された様な賞であった。また豪州の有名ワイン雑誌「グルメ・トラベラー・ワイン」でアタ・ランギの醸造責任者、ヘレン・マスターズが「2019年ニュージーランド・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。記憶に新しいところでは2021年に発表された世界最大のワイン検索サイト「ワイン・サーチャー」で「ブルゴーニュ以外で最も検索されているピノ・ノワール・ワインTOP10」にアタ・ランギ・ピノ・ノワールが1位にランクインした。(ちなみにNZでトップ10に入ったのはアタ・ランギとフェルトン・ロード(10位)のみ)。今やアタ・ランギは、ニュージーランドはもちろんのこと世界を代表するピノ・ノワール造り手。その品質はブルゴーニュのグラン・クリュに比肩するほど。
 
【ソーヴィニヨン・ブラン・テ・ワ】
ピノ・ノワールが有名なアタ・ランギだが、秀逸な白ワインも造っている。その代表格がこのソーヴィニヨン・ブラン。4つの畑のブドウで造られる。手摘みのブドウから貴腐菌の影響のない果房だけを選果し、全体の15%はスキンコンタクト(果皮とともに発酵させる)。そのうち5%は樽で全房発酵、10%は除梗後に大樽で果皮とともに発酵させる。残りの85%は果皮を取り除いた果汁で40%は樽で、45%はステンレスタンクで発酵させる。
豊かなテクスチャーとともにピリッとほろ苦い柑橘やスパイスの風味が引き出され、長く複雑な余韻を奏でる。グレープフルーツ、青パパイヤ、ミントの瑞々しいアロマに膨らみのある果実の旨みがバランスよく口中で広がり飲む者を魅了する。2019年ヴィンテージからキュヴェ名がラランガからテ・ワに変わった。「テ・ワ(Te Wa)」はマオリ語で「時と場所」を意味する。

【試飲】
グラスから柑橘系果実、ミネラルの香りを感じる。香りからは凝縮感を感じなかったが、口中に含むと凝縮感ある果実味が綺麗に広がっていく。酸は優しく、果実味はほのかに甘く、ミネラルは骨格を支えている。甘美で伸びのあるアフターが印象的。スキンコンタクトをしているので、ややビターな感じもあるのかなと想像していたが、ビター感は希薄で、とにかく果実味がふくよかな一献。ソーヴィニヨン・ブランはニュージーランドの十八番と感じる。翌日飲むとアフターにほのかにビターを感じ、前日とは少し違う酸と果実のバランスで新たな味わいを楽しめた。これからの暑い季節はキンキンに冷やして酸を強めにした方がいいかもしれない。一つはっきりしているのは、このワインは掛け値なしのお値打ち品。(2021年7月中旬試飲)
 
★ワインアドヴォケイト 93
飲み頃:2021~2024
Winemaker Helen Masters builds complexity into the 2019 Te Wa Sauvignon Blanc by incorporating some skin contact (15%), a good bit of barrel fermentation and aging (40%), some malolactic, and indigenous ferments throughout. The impressive result offers up scents of orange marmalade, nectarines and gooseberries, while the medium-bodied palate is unusually silky for Sauvignon Blanc, gliding easily into a long, textural finish. To Masters's great credit, all of the parts come together harmoniously, with none of the individual aspects sticking out. (Wine Advocate Issue 18th Jun 2021)
 
 

  • ソーヴィニヨン・ブラン・テ・ワ2019(アタ・ランギ)

  • 販売価格

    3,000円(税込)

  • 在庫

    4個

  • 購入数

カートに入れる(大)
  •  

     

関連商品